WORLD
2019年12月12日 17時59分 JST | 更新 2019年12月13日 11時42分 JST

ファーイースタン航空、経営難で運航停止。台北と秋田・新潟・福島を結んでいた。

長年の業績不振で資金調達が困難になったという。

CHRIS STOWERS via Getty Images
台北上空を飛ぶファーイースタン航空の旅客機

台湾のファーイースタン航空(遠東航空)は12月12日、公式Facebookで翌13日から運行停止すると発表した。長年の業績不振で資金調達が困難になったためだという。

同社のFacebookには中国語で「大切なお知らせ」として、以下のように書かれている。

「当社は長期にわたる業績不振により、資金調達が困難となったため、12月13日より運航を停止いたします。お客様にはご不便をおかけし、申し訳ございません」

ファーイースタン航空は1957年に設立された。台湾、中国(大陸側)、日本などに旅客機が運航している。日本向け公式サイトによると秋田・新潟・福島と、台北(桃園空港)をそれぞれ週2回、マクドネル・ダグラスMD-83型機で往復していた。