LIFE

平成は女性体力低下の時代、原因は? スポーツ庁調査

今のこの世代は子どもの頃から体力低下の傾向があり、テレビゲームの普及による運動不足や、週休2日制の導入で体育の授業が減ったことなどが原因として指摘された。

平成は女性体力低下の時代、原因は? スポーツ庁調査

「平成」は30代女性の体力低下の時代だった――。スポーツ庁が13日、体力・運動能力調査の結果を公表した。今回は平成の30年間を総括し、35~39歳の女性の体力が下がったとまとめた。現在のこの世代は、子どもの体力が最低だった1998(平成10)年前後に10代だった。

調査は前回の東京五輪が行われた1964年から毎年実施。握力や長座体前屈、反復横跳び、ボール投げなどの種目がある。今回は6~79歳の約6万4千人が受けた。

35~39歳女性は、1000メートルを歩いて全身の持久力を測る「急歩」で、89年度からの30年間で24秒ほど遅くなった。スポーツ庁が筋力を示す指標として重視している握力も89年度の31・12キロから29・02キロまで落ちた。各種目の記録を得点化し、合計した総合点を基に判定する「体力年齢」が実年齢より若い人の割合は、98年度の40・3%から昨年度の26・8%と、20年で大きく減少した。

今のこの世代は子どもの頃から体力低下の傾向があり、テレビゲームの普及による運動不足や、週休2日制の導入で体育の授業が減ったことなどが原因として指摘された。分析を担当した内藤久士・順天堂大教授(運動生理学)は「子ども時代に運動に親しまなかったため能力を高めきれず、苦手なままの人が多いのではないか」と指摘した。(伊木緑)

(朝日新聞デジタル 2019年10月15日 10時27分)

関連ニュース