WORLD
2020年07月31日 11時23分 JST | 更新 2020年07月31日 11時24分 JST

先頭打者がツーランホームラン。大リーグ史上初の珍事、なぜ?

新型コロナウイルスの影響で試合数が減った大リーグで、珍しい記録が誕生した

先頭打者がツーランホームラン……?アメリカの大リーグで史上初の珍事だ。

7月29日のロサンゼルス・ドジャース対ヒューストン・アストロズの試合で、延長13回にドジャースの先頭打者エドウィン・リオス選手がツーランホームランを放ち、4-2と勝ち越した。

先頭打者がツーランホームランを打つのは、不可能では?と思った方もいるかもしれない。

それが可能なのだ。2020年は。

新型コロナが感染拡大したことで試合数が減った2020年シーズン、メジャーリーグは、延長戦はランナーを2塁に置いて回を始める特別ルールを導入した。

試合を早く終わらせるために点を取りやすくするのが目的で、これまでにマイナーリーグで導入されたことはある。

MLBによると、リオス選手のホームランは、大リーグでは初めての先頭打者ツーランホームランになった。

Bob Levey via Getty Images
延長13回にツーランホームランを打ったエドウィン・リオス選手(ミニッツメイド・パーク 2020年7月29日)

このホームランが決勝打となり、試合はドジャースは4-2でアストロズに勝利した。

どういう気持ちで打席に立ったかを試合後のインタビューで聞かれたリオス選手は、右側にゴロを打ってランナーを進めようと思ったが、いい球がきたので相手にダメージを与えるバッティングができた、と述べた。

また、2塁にランナーを置いてスタートするルールについては「奇妙な感じ」と述べたが、それがこの試合ではドジャースにとって有利に働いた。

7月28日に始まったドジャース対アストロズの連戦は、アストロズが2017年シーズンに違法にサイン盗みをしていたことが数カ月前に発覚してから初めての対決だった。2017年に、アストロズはドジャースを下してワールドシリーズを制覇している。

28日の試合では、ドジャースのジョー・ケリー投手が、アストロズの選手の頭部近くに投球したり、打ち取った後に相手を馬鹿にするような表情をしたりして、両チームの選手がベンチを飛び出して睨み合う緊迫した空気になった。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。