はじめてのSDGS
2019年04月05日 17時17分 JST

廃棄される給食がお弁当に変身。アメリカの小学校で画期的な試み

ナイスアイディア! もったいない残り物が子供たちの空腹を救う。

senkaya via Getty Images
食堂のランチ イメージ写真

アメリカのインディアナ州にある小学校で、画期的なプログラムが3月末から試験的に開始された。

廃棄される給食の余りを使って持ち帰り用のお弁当を作り、必要な生徒に配給する、という新たな試みだ。

CNNによると、インディアナ州にある小学校は、20人の生徒にそれぞれ8食分の冷凍お弁当を保温バッグに入れて配給した。これによって彼らは週末分の食料が確保できることになる。

まだ試験段階なので、食べ物の量などを把握するため小規模で開始したというが、「生徒たちは興奮し、スタッフたちは嬉しくて泣きました」と地区の学生サービス担当者は話した。

この地区にいる2万2000人の生徒の半数以上がこの無料または安価で提供されるプログラムの対象になる。最終的にはこのプログラムを地域の21校全てで採用したい、と担当者は話した。

学校が手を組んだのは地域にあるNPOのCultivateという「フードレスキュー(食品救済)」グループ。Cultivateは地域の学校のキッチンに週3回食料の余りを回収しにくる。それ以外にも、近所のケータリング会社や病院、娯楽施設などの企業から食料の余りを得ている。そして、彼らの施設でそれらを栄養バランスの良い1食分のお弁当に仕上げ、冷凍する。

Cultivateはこの活動を「フードレスキュー」と呼ぶ。まさに、全く異常のない食品がゴミ箱に行くのをレスキューしているのだ。この団体では3人のスタッフと400人のボランティアで活動しており、国内各地から問い合わせが来ているという。

学校給食の大量破棄はアメリカの農産省で問題視されている。農産省によると、学校は余った食品の有効活用だけでなく、堆肥にするなど、無駄を削減する努力をしているという。