NEWS
2019年03月17日 16時04分 JST

玄界灘に巨大シャチ。船に寄り添って泳ぎ、ジャンプを披露

専門家によると、玄界灘でシャチが目撃されるのは珍しいという。

朝日新聞社
玄界灘を泳ぐシャチ(田代誠一郎さん提供)

玄界灘に巨大シャチ 人気遊漁船の船長、ジャンプ撮った

 玄界灘に巨大なシャチ!?――。佐賀県唐津市呼子町の港を拠点とする遊漁船の船長が長崎沖で、船に寄り添って泳いだり、何度もジャンプしたりする姿を動画におさめた。専門家によると、玄界灘でシャチが目撃されるのは珍しいという。

 長崎県の対馬と壱岐の間にある好漁場・七里ケ曽根付近。2月14日午前10時半ごろ、サンライズの遊漁船「新海」の田代誠一郎船長(39)が釣り客の様子をうかがっていたとき、数十メートル先で何かがはねた。

 「まさかシャチ!?」。半信半疑で海を見つめると、再びはねた。白と黒の体。間違いない、シャチだ。

 釣り客5人に仕掛けをあげてもらい、船を近づけた。「すげぇヒレ」「でけぇなぁ、生のシャチは見ないよね、なかなか」。その迫力にみんな、興奮した。

 少し離れたところに巨大な3頭が見えた。7メートルある自分の船の甲板より大きく感じた。その手前で、小さめの2頭が泳いでいたので船を近づけた。すると1頭が寄ってきてジャンプ。さらに船の横まで来て波しぶきと戯れるように泳いで前方へ。ジャンプを繰り返した。6キロほど一緒に進み、その後は釣りに戻った。

     ◇

 田代船長は2007年から呼子港から遊漁船を出している。明るい人柄と釣らせる確かな腕にひかれ、国内外から多くのファンが訪れる。「最も予約がとれにくい船」と言われるほど絶大な人気がある。

 その田代船長にとっても、シャチを見たのは3回目という。最初は07年6月で、オスとメスがゆっくりと泳いでいるのを見た。2回目はその翌年の6月で、メス2匹と子ども2匹が一緒にいるのを一瞬だけ見かけた。

 田代船長は今回は「シャチが触れるぐらいの距離まで近寄ってきた。すごかったですね」と言う。並走を楽しみながら動画におさめたのは初めてのことで「感動のひとときでした」。

     ◇

 マリンワールド海の中道(福岡市)の担当者は「シャチは基本的には寒い海にいて、時に温かい海に来ることがある。日本では北海道付近にいて、和歌山の海で目撃情報があるが、玄界灘では珍しい」と話した。(祝迫勝之)

(朝日新聞デジタル 2019年03月17日 12時45分)

関連ニュース