NEWS
2019年08月19日 12時54分 JST

東京メトロ・銀座線が、年末年始に一部区間で「終日運休」。その理由は?

銀座線渋谷駅の移設工事に伴う、2019年末〜2020年始の運休が発表されています。4ヶ月先の話ですが、ネットでは今から話題に。

東京メトロ提供
銀座線の運休区間

東京メトロの銀座線が、2019年12月28日から2020年1月2日の6日間、一部区間で終日運休となる

運休となるのは、渋谷〜表参道間と、青山一丁目〜溜池山王間だ。

期間中、表参道〜青山一丁目間と、溜池山王〜浅草間はそれぞれ折り返し運転となる。

東京メトロ、都営地下鉄、JR、私鉄各社による振替輸送が行われる。東京メトロは、半蔵門線やJRを使った迂回経路を案内している。

東京メトロ提供
迂回経路

 

■運休の理由は?

東京メトロによると、この運休は、銀座線渋谷駅の移設に伴う線路切替・ホーム移設工事を実施するためのもの。

銀座線渋谷駅は現在の位置から表参道方面へ約130メートル移動し、明治通り上空に作られる。

ホームの幅を広げることで混雑緩和を図るとともに、2020年度にはホームドアを設置する予定だ。

工事終了後の2020年1月3日始発から新ホームの供用が始まる。

 

東京メトロ提供
工事の全体図

4ヶ月先のことだが、Twitterで運休情報について注意を喚起する声が上がり、ネットで話題に。年末年始の工事に携わる人を労う声も上がっている。