3分で学ぶ世界
2020年10月16日 11時17分 JST | 更新 2020年10月16日 11時18分 JST

グレタ・トゥーンベリ氏が鋭い指摘。「気候変動への見解ない」と答え続けるバレット氏に

トランプ大統領に最高裁判事に指名されたバレット氏。公聴会で気候変動についての回答を避け続けています

アメリカの上院公聴会で、連邦最高裁判事候補のエイミー・コーニー・バレット氏は気候変動について聞かれて「確固たる見解はない」と答えた。これに対して、環境活動家のグレタ・トゥーンベリ氏がTwitterで鋭い指摘をした。

トゥーンベリ氏は10月15日、次のようにツイートし、バレット氏を批判した。

「公平に言えば、私も“気候変動への見解”は持っていません。引力や、地球が丸いということや、光合成や進化論に対して“見解”を持っていないのと同じように…。しかしその存在を知って理解することは、21世紀の生活をずっと生きやすくしてくれます」 

気候変動への答えを避け続けるバレット氏

トランプ大統領に最高裁判事に指名されたエイミー・コーニー・バレット氏は、承認をめぐる上院司法委員会での公聴会で、気候変動についての明確な答えを避け続けている。

13日の公聴会で「気候変動についての確固たる見解はない」述べた際には「自分は科学者ではないので」と説明した。

オバマ前大統領は以前、「この言葉は気候変動を否定する政治家が使う言い訳だ」と批判している。

Pool via Getty Images
公聴会に出席したエイミー・コーニー・バレット氏(2020年10月14日)

さらに14日の公聴会で民主党副大統領候補のカマラ・ハリス上院議員に「気候変動が起きていて、脅威をもたらしていると思うか」と聞かれた際には、「気候変動についての自分の立場は、最高裁判事の職に関係がない」と答えた。

そして「あなたは私に、新型コロナウイルスは感染するか、タバコはガンを引き起こすかといった、議論を引き起こさないような質問をして、議論を呼ぶ問題について私から答えを引き出そうとしますが、私は答えません。私は公共政策について、特に政治的に論争の的になっているような場合は見解を表明しません。司法的な役割と相入れないからです」と回答した。

気候変動は、多くの科学者たちが対策を訴えている問題

気候変動は単なる公共政策ではなく、地球や人間の将来に大きな影響を及ぼす重要な問題で、科学者たちは一刻も早い対策を訴えている。

地球の表面の温度を計測しているNASAの科学者たちは、温度が記録的に高かった年は過去20年間に集中していると、NASAの子ども向けサイトで説明。気候変動は実際に起きており、自動車や発電所による温室効果ガス排出や、その他の人的要因が主要な原因だと述べている。

さらに、1300人の世界中の科学者からなる国連の組織「気候変動に関する政府間パネル」は、「過去50年の人間活動が温暖化の要因となっている可能性が95%以上」と警告している。

ハフポストUS版の記事を翻訳編集しました。