あの人のことば
2019年08月26日 13時20分 JST | 更新 2019年08月26日 14時02分 JST

春名風花さんのメッセージに反響「いじめをするのなら、学校なんて来なくても良いんだよ」

乙武洋匡さんも「はるかぜちゃん、さすがだな」とエール。その一方で批判的な意見も…

lineblog.me
春名風花さんの公式ブログより

「はるかぜちゃん」の愛称で知られる俳優の春名風花さんが8月25日夜、全国の児童生徒らに向けて「いじめをするのなら、学校なんて来なくても良いんだよ」とTwitter上で訴えたメッセージが話題を呼んでいる。

春名さんは、夏休み明けが近いこの時期になると例年、いじめ被害に遭っている子供は「無理して学校に行かなくて良いんだよ」というツイートがネット上に多数出てくると指摘。その上で、次のような考えを述べた。

「一見優しい言葉に見えますし、緊急対応としても間違いではありません。でも、『学校に行かなくてもいいんだよ』と言うメッセージは、本来、いじめている側にかけるべき言葉です」

続けて、いじめている側に対して「他人の学ぶ権利を邪魔するのならば、学校には来ないでください」と糾弾。現在いじめを受けている子供たちに向けては、「あなたがたには堂々と学校に行く権利があります」と訴えた。

 

■乙武洋匡さんもエール「はるかぜちゃん、さすがだな」

このメッセージに対して、ネット上では「的を得ている」「正論」と賛同する意見が多く出ている。

作家の乙武洋匡さんは「いじめられてる子に『学校なんて行かなくていい』だけで終えてしまうのは、たしかに思考停止だったかもしれない。はるかぜちゃん、さすがだな」と公式Twitterで述べた。

■「奪い取る思想でいいのか」批判的な意見も

その一方でネット上では、「今いじめで苦しんでる子が、この投稿を読んだら『頑張って学校に行かなきゃ』とプレッシャーを感じる恐れがある」と指摘する声もあった。

また、いじめの当事者であっても「学ぶ権利を奪い取る思想でいいのか」という批判も出るなど、議論を呼ぶ可能性もある。

 

■春名さんの連続ツイート全文