NEWS
2019年11月21日 18時27分 JST

川口春奈さん、NHK大河の代役に決定 沢尻エリカ容疑者の逮捕受けて再撮影へ

沢尻エリカ容疑者の代役として、濃姫を演じます。

麻薬取締法違反の疑いで逮捕された沢尻エリカ容疑者が出演予定だった2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」について、代役に俳優の川口春奈さんが起用されることが決まった。

時事通信社
川口春奈さん

NHK広報局は起用の理由について、「確かな演技力があり、戦国武将の娘としての気高さと強さを表現していただけると考え、お願いすることとなりました」と説明。再撮影のスケジュールや放送日は検討中で、決まり次第発表するという。

ドラマは2020年1月から放送予定で、沢尻さんはのちに織田信長の正妻となる帰蝶(濃姫)役で第1話から出演が決まっていた。重要な役どころで、NHK側の対応に注目が集まっていた。

ネット上では収録分のみ予定通りの放映を求める署名ページが立ち上がり、約3万2000人の署名が集まっていた。発起人の「ギャンブル依存症問題を考える会」代表・田中紀子さんは、署名を立ち上げた理由について、「社会的な抹殺によって薬物依存症の患者の社会復帰が妨げられてしまう」と話していた