政治
2021年02月25日 12時37分 JST | 更新 2021年02月25日 18時53分 JST

橋本聖子氏が「浅田真央選手に安倍首相とのハグ強要」と報道されたシーン、政府の動画に残っていた

ソチ五輪の入賞者を集めた記念品贈呈式の場で「総理にハグして欲しいって」「ハグしてもらいたいよね?総理に」と浅田選手に強引に勧めていました。

nettv.gov-online.go.jp
橋本聖子氏(中央)が浅田真央選手に安倍首相とのハグを勧めるシーン(政府インターネットテレビより)

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委の新会長に就任した橋本聖子氏をめぐって、2月25日発売号の「週刊文春」が「新たなセクハラが明らかになった」と報じた。

2014年にソチ五輪の選手団代表を務めていた橋本氏は帰国後の記念品贈呈式で、フィギュアスケートの浅田真央選手(当時)に、安倍晋三首相(当時)との「ハグを強要していた」という。

 

■嫌がる浅田選手に何度もハグを勧める

週刊文春によると、問題の行動があったのは2014年4月25日。ソチオリンピック・パラリンピックの入賞者を集めた安倍首相主催の記念品贈呈式の場だった。

この様子は政府インターネットテレビの動画に残っている。浅田選手と安倍首相の間に立っていた橋本聖子氏。17分50秒あたりで「(浅田選手が)総理にハグして欲しいって」と橋本氏が安倍首相に告げる。浅田選手は当惑して、手を振って拒否。安倍首相も「ファンに怒られちゃうから」とやんわり拒否するも、橋本氏は「大丈夫です」と太鼓判を押す。安倍首相は「聖子ちゃんとは何回もハグしてるんだけどね。一杯飲んだら」とジョークを飛ばして、この場は収まったかにみえた。

この後、報道陣による記念撮影の後に、動画では19分50秒あたりで再び橋本氏が「(ハグ)してもらいたいよね?総理に」と、浅田選手らに促す。この流れで高橋成美選手(当時)が安倍首相とハグ。続いて羽生結弦選手が「僕したら、真央ちゃんもしなきゃダメだよ」と言ってハグ。これを受けて浅田選手も安倍首相とハグしたが、背筋が伸びて緊張した様子だった。

テレ朝ニュースは当時、報道陣からハグの感想について質問されたときの浅田選手のコメントを報じている。「ハグ?どうなんですか。あの……その辺はちょっと。そういうハグではないので」と戸惑いを隠せない様子だった。

nettv.gov-online.go.jp
浅田真央選手とハグする安倍首相(政府インターネットテレビより)

 ■高橋大輔選手へのキス強要については「深く反省」

橋本氏は2014年2月にフィギュアスケートの高橋大輔選手にキスを強要したことも同年8月に週刊文春が報じていた。橋本氏は組織委会長に就任した2021年2月18日の記者会見で「軽率な行動について、当時も今も深く反省をしています」と陳謝していた

 

【訂正】文中の数箇所で橋本聖子氏の名前を野田聖子氏としてました。また、羽生結弦氏を羽生弦氏と誤って表記していたので、それぞれ訂正いたします(2021/02/25 13:45)