新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年08月12日 12時42分 JST | 更新 2020年08月19日 10時38分 JST

熱中症を防ぐためにマスクを外していいの? ⇒ 厚労省「屋外で人と2m以上離れていたら外して」

「高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがある」と訴えています。

環境省/厚労省
環境省と厚労省が作成した熱中症予防のリーフレット。「熱中症を防ぐためにマスクをはずしましょう」と訴えている。

8月に入って日本列島で最高気温が35℃を超える猛暑日となる地点が相次いでいる。群馬県伊勢崎市では8月11日、2020年の全国の最高気温を更新する40.5度を観測したほどだ。

気温が高くなると、気をつけなければいけないのは熱中症だ。気象庁では7月から、熱中症の危険性が極めて高い気象状況を示す「熱中症警戒アラート」を関東甲信地方の1都8県での試行を始めた。

新型コロナウイルス対策として屋外ではマスクをつけている人も多いが、厚労省公式サイトは熱中症を防ぐために「屋外で人と2m以上離れていたらマスクを外して」と訴えている

厚労省の情報は6月22日に更新されたもの。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」での熱中症予防のポイントを4つにまとm。以下、原文のまま紹介する。

 

(1)マスクの着用について

マスクは飛沫の拡散予防に有効で、「新しい生活様式」でも一人ひとりの方の基本的な感染対策として着用をお願いしています。ただし、マスクを着用していない場合と比べると、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体に負担がかかることがあります。

したがって、高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。

マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。外出時は暑い日や時間帯を避け、涼しい服装を心がけましょう。

 

(2)エアコンの使用について

熱中症予防のためにはエアコンの活用が有効です。ただし、一般的な家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで換気を行っていません。新型コロナウイルス対策のためには、冷房時でも窓開放や換気扇によって換気を行う必要があります。換気により室内温度が高くなりがちなので、エアコンの温度設定を下げるなどの調整をしましょう。

 

(3)涼しい場所への移動について

少しでも体調に異変を感じたら、速やかに涼しい場所に移動することが、熱中症予防に有効です。一方で、人数制限等により屋内の店舗等にすぐに入ることができない場合もあると思います。その際は、屋外でも日陰や風通しの良い場所に移動してください。

 

(4)日頃の健康管理について

 「新しい生活様式」では、毎朝など、定時の体温測定、健康チェックをお願いしています。これらは、熱中症予防にも有効です。平熱を知っておくことで、発熱に早く気づくこともできます。日ごろからご自身の身体を知り、健康管理を充実させてください。また、体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

 

■図版入りのリーフレットも作成

 こうした熱中症予防の指針について、環境省と厚生労働省では「熱中症を防ぐためにマスクをはずしましょう」と訴える2ページのリーフレットを作成している

こちらも図版入りで分かりやすく解説されているので参考にしてみてはいかがだろうか。

環境省/厚労省
「新しい生活様式」での熱中症予防のリーフレット(1P目)
環境省/厚労省
リーフレット2P目