NEWS
2019年02月27日 08時00分 JST | 更新 2019年02月27日 09時11分 JST

一橋大のアウティング裁判、2月27日に判決。遺族はなぜ大学を訴えたのか。

「息子を無くしたことがいちばんショックなことだ。息子が同性愛かどうかなんてショックなことでもなんでもない」

一橋大の法科大学院生の男性(当時25)が学内の建物から転落死したのは、ゲイであることを同級生からアウティング(暴露)されたことが原因などとして、遺族が大学に損害賠償を求めている裁判の判決が2月27日、東京地裁である。

遺族が訴訟に踏み切った背景には、情報を明らかにしようとしない大学側への不信感があった。原告代理人の南和行弁護士が2018年7月、裁判の報告会で明らかにした。