2020年03月12日 13時04分 JST | 更新 2020年04月22日 15時18分 JST

非常食のおすすめ5選。災害時に備えよう

長期保存が可能で、美味しく食べられる備蓄食料を紹介します。

JGalione via Getty Images
地震に限らず、非常時には食料不足が起こり得ます。

東日本大震災から9年。2011年以降も国内では多くの災害が発生していることから、私たちの防災意識は確実に高まりつつあります。

しかし、日常生活の中で、その「いざ」という瞬間に遭遇した時、私たちは冷静に行動することはできるのでしょうか。自分や大切な人の命を守るためにも、災害発生時の避難生活をサポートしてくれるアイテムをしっかりと揃えておくことが重要です。

今回は、災害時に備えたい非常食を紹介します。

簡単に糖分補給できる、井村屋のようかん

井村屋 えいようかん

非常食のおすすめ5選。災害時に備えよう

Amazonで見る  |  楽天で見る

「井村屋 えいようかん 5本入り」は、1本(60g:171kcal)でご飯1杯分のカロリーが摂取でき、万が一の災害・避難時に、水がなくても簡単に美味しく食べられる非常食です。

成分は、日本で生産された砂糖・小豆から作られた生あん・水あめ・寒天で、アレルゲンフリーにも配慮されています。

最長で5年6カ月の長期保存が可能で、パッケージにはホログラムや点字、災害用伝言ダイヤルの使用方法を掲載するなど、災害時に役立つよう工夫が施されています。

お湯や水を注いで食べられる、おにぎり

尾西の携帯おにぎり「3種類 12袋セット」 わかめ・鮭・五目おこわx各4袋 5年保存食

非常食のおすすめ5選。災害時に備えよう

Amazonで見る  |  楽天で見る

「尾西の携帯おにぎり「3種類 12袋セット」」は、わかめ・鮭・五目おこわのおにぎりが各4袋ずつ入っています。

100%国産米から作られたアルファ米のおにぎりは、個包装の袋内にお湯を注いで15分(水の場合は60分)待つだけ。約100g、150~170kcalを摂ることができます。
開けやすい包装なので、直接おにぎりに手を触れず口に入れることができるのもポイントです。

保存期間は5年。お手軽な非常食としてもおすすめです。

湯量の加減で、おかゆにしても美味しいご飯

MT-NET 非常食 5年保存 【 永谷園 フリーズドライご飯 & マジックライス 計13種 食べ比べセット】

非常食のおすすめ5選。災害時に備えよう

Amazonで見る

「MT-NET 永谷園 フリーズドライご飯 & マジックライス 計13種 食べ比べセット」は、永谷園のフリーズドライご飯(260g:約280kcal/炊き込み五目・チャーハン味・カレー味・ピラフ味)と、サタケのマジックライス(100g:約360~380kcal/白飯・ドライカレー・五目ご飯・炒飯・牛飯・梅じゃこご飯・青菜ご飯・えびピラフ・わかめご飯)の合計13食をまとめたセット商品です。

袋の中に注ぐお湯や水の量を加減することで、消化しやすいおかゆになったり、乾燥したままスナック菓子感覚で食べたりすることができます。

賞味期限は5年で、パッケージにはスプーンと防災手帳も付属します。

ご飯と一緒に食べたい、美味しいおかず7日分

非常食セット 美味しい防災食 7日分 「おかず・お惣菜・麺類 豪華21種類セット」

非常食のおすすめ5選。災害時に備えよう

Amazonで見る  |  楽天で見る

「非常食セット おかず・お惣菜・麺類 豪華21種類セット」は、さば味噌煮(2切/150g:325kcal)、ハンバーグ煮込(100g:128kcal)、牛丼の具(120g:178kcal)、ポークカレー(200g:178kcal)や、ホワイトシチュー(250g:185kcal)など、7日分(1日3食)で21種類のおかずがセットになっています。

食材を4層構造の袋で密閉することで、素材の風味や色合いが損なわれないように細心の注意を払って製造されているので、いつでも安心して開封することができます。

保存期間は5年です。

よりどりみどりで、7日間乗り切れるセット

MT-NET 非常食 保存食セット 5年保存 【 7日分 全55品 】 献立表付き 〔防災グッズ〕

非常食のおすすめ5選。災害時に備えよう

Amazonで見る  |  楽天で見る

一度にたくさんの量を注文して備蓄しておきたい人には、こちらがおすすめ。

「MT-NET 保存食セット【 7日分 全55品 】 献立表付き」は、サタケのマジックライス・マジックパスタ、LLFのロングライフフーズ・超しっとりコッペパン、井村屋のえいようかん、カゴメの野菜ドリンク、缶入りソフトパン、長期保存水(500ml:8本)など、55品もの防災対応食品をまとめたセットになっています。

さらに、55品を7日(各3食+間食:1,600kcal)でバランス良く食べられるように計算されたオリジナルの献立表付きです。保存期間は最長5年。

バリエーション豊富で、組み合わせもいろいろ考えられそうですね。

まとめ

東日本大震災以降、災害に備えて準備しておくべき食料の分量は、3日分から、7日分へと再定義されました。

また、ただ購入するだけではなく、いつでもすぐに取り出せる場所に保管したり、消費期限を確認したりしながら、いざという時にすぐ食べられるようにしておきましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。