今注⽬の⽔出しコーヒー、「コールドブリューコーヒー」とは?作り⽅、おすすめ⾖、 ボトル 5選

暑い暑い夏、「凉」をもたらしてくれるコールドブリューコーヒーの作り方から解説。冷たいコーヒーで、気分を切り替えましょう!
冷たいコーヒーがおいしい季節!
冷たいコーヒーがおいしい季節!

⽇に⽇に暑さが増してきて、本格的な夏の気配を感じます。

今年の夏は、春から続くテレワークでおうちで過ごす⼈も多いのではないでしょうか。
テレワークのお供、コーヒーもそろそろ熱くて飲みづらくなる季節…。これからの時期は、冷たい⽔出しコーヒー、「コールドブリューコーヒー」で頭をシャキッと切り替えるのがおすすめ!
今回は、コールドブリューコーヒーの作り⽅と、おすすめの⾖など⽋かせないアイテムをご紹介します!


【コールドブリューコーヒーって?】

コールドブリューコーヒーって、何のこと?

ハフポスト⽇本版ステューデントエディターで、早稲⽥⼤学のコーヒー研究会会⻑の廣⽥⼀⾺くんに聞いてみました。
「コールドブリューコーヒーは、その名の通り低温でゆっくり抽出するコーヒー。元々は苦味やエグみの強い⾖を美味しく飲む⽅法として考案されたもの。
お湯で淹れると出てしまいがちな雑味を抑えた飲みやすい味に仕上がり、冷蔵庫で冷やしておくだけで簡単に作れるので暑い夏にゴクゴク飲みたいときにも最適!」


【⾖選びは?】

「⽔出しコーヒー⽤の⾖は、えぐみの少ないコロンビアやブラジルなど定番で、味が安定しやすい中煎り、深煎りのものがおすすめ」

⼿軽に⼿に⼊る、おすすめのコーヒー豆を紹介します。

コロンビア クラシック ウィラ200g

 楽天で見る

コーヒーの⼤切な下ごしらえ、ミルはこちらがおすすめ。

HARIO(ハリオ) コーヒーミル 透明ブラック ⼿挽き セラミック スリム MSS-1TB

 楽天で見る |  Amazonで見る

⽇本のブランドである Hario のコーヒーミルは⼿挽きコーヒーミルの中でも人気の⾼い商品。
セラミック製の⻭を使用するため、コーヒー⾖に余計な熱を加えることなく挽くことができます。
また、透明な⽬盛り付きボトルなので、挽いた量が⼀⽬でわかります。⼀杯分の量が最初の段階でわかるのはうれしいポイントですよね。

【淹れてみよう!】

⽤意するもの
・挽いたコーヒー
・ジャグ
・コーヒーを⼊れることができるティーバッグのようなもの
・⽔


淹れ⽅

淹れ⽅⾃体は、3ステップで簡単にできます。
1. 先ほどの挽いたコーヒーを密封できるバッグに⼊れる
2. ジャグにバッグと⽔を⼊れる
3. そのまま冷蔵庫で8時間寝かせる
以上です!

思ったより、簡単だと思った人も多いのでは?

ここからは、手軽にコールドブリューコーヒーを楽しめるおすすめグッズをご紹介します。

豆を直接入れるだけ。スリムなデザインも◎

HARIO (ハリオ) コールドブリュー コーヒージャグ ⽔出し CBS-10HSV

 楽天で見る |  Amazonで見る

こちらのジャグは、ストレイナーがついているためコーヒー⾖を直接投⼊するだけで完成し、中でコーヒーが舞うことも無く、美しく出してくれます。
また、⽣活になじむミニマルなルックスは冷蔵庫の余計なスペースを取りません。

カルディで人気の水出しパック

カフェカルディ ウォータードリップコーヒー (水出しアイスコーヒー) (40g×4p)×3個 【3個セット】

 楽天で見る |  Amazonで見る

カルディの⽔出しコーヒーパックは、ジャグにいれるだけでコールドブリューコーヒーを作ることができます。
⾖を挽く時間がない⽅やお⼿軽に始めてみたい!なんて⼈にぴったりです。

豆、ミル、ジャグをまとめて。ブルーボトルのオリジナルキット

コールドブリュースターターキット| ブルーボトル blue bottle coffee

 楽天で見る

サードウェーブコーヒーの代表格、「ブルーボトルコーヒー」のキットです。
コールドブリューコーヒーを作る上で必要な⾖、ミル、ジャグを⼀気に揃えることができます。
⾖はブルーボトルが厳選した、アイスで飲むのにぴったりなレモンゼストやベリーのフレーバーで爽やかな味わいです。

まとめ

おうちで⼿軽に淹れることができる、コールドブリューコーヒー。その淹れ⽅とおすすめの商品を紹介しました。
これからの季節、爽やかなコーヒーと⼀緒に過ごしてみてはいかがでしょうか?


※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。