2019年10月09日 17時24分 JST | 更新 2019年10月09日 17時43分 JST

秋のまち歩きにピッタリ!人気のおすすめコンパクトデジタルカメラ5選

ファンから根強く人気がある、ロングセラーモデルのコンパクトデジタルカメラをご紹介します。

Satoshi-K via Getty Images
持ち運びやすいコンデジなら、毎日でも持ち歩けますよ♪

今年の夏もようやく暑さが落ち着いてきましたね。

秋は気温的に過ごしやすく、外で活動するにはもってこいの季節です。体を動かすスポーツが心地良く、カフェ巡りなんかも楽しそうですよね。

これまでやろうと思っていたことをリストアップして、この秋から取り組んでみるのはいかがでしょうか?

「じゃあ、カメラをはじめてみようかな……」
オシャレな趣味として人気が高い「カメラ」に興味を持っている方も多いと思います。とはいえ、カメラをはじめるときに悩むのが「カメラ選び」。

本格的な一眼レフは美しい写真が撮れますが、値段が高く、かなりの重さ・大きさになるものも。初めてのカメラ選びであれば、持ち運びが便利で幅広い撮影シーンに対応できるコンパクトデジタルカメラ(通称コンデジ)をおすすめします。

最近のコンデジは機能や画素数もかなり高く、きれいな写真を手軽に撮ることができますよ。

圧倒的な高画質性能は一眼レフ並み!高級コンパクトデジタルカメラ「ソニー サイバーショット RX100M6」

 

サイバーショットRX100シリーズの6代目となるこちらのカメラ。手のひらに収まるコンパクトボディながらも、一眼レフのように「ボケ」を表現し、高い解像度での撮影が可能です。

加えて、広範囲かつ高精度のオートフォーカスを実現しているので、とにかくピントが合わせやすい。ここぞというタイミングで素早く撮影できるので、ノーストレスでカメラを楽しめます。

2019年8月にこのシリーズの最新モデル「RX100M7」が発売されましたが、このモデルでも十分な機能を持っています。

バランスの良い性能とクラシックな見た目が人気!「キヤノン パワーショット G7 X MarkII」

 

キヤノンのコンデジといえば「キヤノン パワーショット」です。基本的な性能をバランスよく備え、コンパクトサイズは旅行やまち歩きとの相性も抜群。画素数も2,010万画素あるので十分なクオリティで撮影できます。

使ってみると便利なのが「チルト液晶」と呼ばれる、液晶をパタパタと上下に動かせる機能です。ローアングルやハイアングルでも液晶を常に見ながら撮影できるので、被写体をきっちり追うことができます。

手を伸ばしての撮影は手ブレが気になるところですが、このカメラはかなり高い手ブレ防止機能を備えているので「あっ、ブレてしまった!」と思ったときでも、意外に大丈夫。価格も抑え目なので購入しやすく、安心して長く付き合えるコンデジです。

15倍ズームレンズで遠くの被写体もバッチリ撮れる!「パナソニック ルミックス TX2」

 

薄型かつ高倍率のカメラを探しているのであれば、この「ルミックス TX2」がおすすめです。

ライカブランドのレンズを使用している点がファンから人気のルミックスですが、機能面も充実しています。

1型センサーを搭載したコンデジの中でもコンパクトで使いやすく、これほどズームに強いカメラは無いでしょう。レンズを最大に伸ばすと、きっとその長さに驚くはずです。

ふだんはコンパクトでポケットに難なく入るサイズでありながら、いざとなればしっかりと力を発揮してくれる頼もしいコンデジです!

コスパ抜群!こだわりのスタイルを持ったコンデジ「リコー GR DIGITAL III」

 

リコーのコンデジといえば「GR DIGITAL」。三代目となる本機種ですが、驚くことに2005年に発売された初代GR DIGITALから、ボディデザインも含めて基本的なコンセプトがほとんど変わっていません。

変化の早い今の時代に逆行するかのような、頑固さにも近いスタイル。そこがGR DIGITALが長きに渡って愛され続けている理由かもしれませんね。

前機種との大きな違いは、
• 開放F1.9のレンズ
• 3型液晶モニター搭載
の2つです。F2.4と比べてより明るく撮ることができ、大きめの液晶モニターによって操作性が高まりました。

今回ご紹介するカメラの中ではもっとも価格が抑えられているので、「安くて良いカメラを!」と強く望む方におすすめです。

高性能な高級コンデジをできるだけ安く手に入れたいなら「ソニー サイバーショット RX100M5A」

 

この機種は、今回1番最初に紹介した「ソニー サイバーショット RX100M6」の、1つ前のモデルになります。型が古い機種は「型落ち」と呼ばれ、価格が下がるため購入しやすいのがメリットです。

とはいえ、「古いカメラだと性能が低いんでしょ?」と思ってしまう方もいるかもしれません。実際のところは、5年以上前のカメラならともかく、1〜2年前であればそれほど大きく性能は変わらないのが実態です。

例えばRX100M6にあってRX100M5Aに無い機能をまとめてみると、大きな違いは以下の2つだけでした。
• 25点コントラストAF
• タッチ操作チルト液晶
この機能差で値段が2〜3割変わるのであれば、型落ちを狙って購入するのも全然アリではないでしょうか?

まとめ

今回は、人気のおすすめコンデジをご紹介しました。

最近は一眼レフやミラーレスなど、ハイスペックなカメラが人気を集めていますが、コンデジも上位機種であれば十分それらのカメラに対抗できます。コンデジは価格もお手頃でカメラ初心者でも使いやすく、何より持ち運びに便利なのが大きなメリットです。

生活に溶け込むように使うことができるコンデジ。この秋から、カメラ生活をはじめてみてはいかがでしょうか?

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。
※商品の表示価格は変動することがあります。