2019年10月16日 16時03分 JST | 更新 2019年10月16日 16時08分 JST

気軽に移動!軽量で収納性抜群のおすすめ折りたたみ自転車と安全グッズ5選!

お気に入りの相棒を見つけて快適なサイクルライフを!

Getty Images
秋は自転車にもピッタリですよね〜

暑さも落ち着き、外で過ごすのが快適な季節になってきました。
今こそ、心も身体もリフレッシュできるサイクリングを始めるのにぴったりのタイミング!

最近は自転車ブームもあり、本格的なスポーツ自転車に乗っている人も増えています。もちろん、クロスバイクやロードレーサーなどの本格的な自転車を選んでもいいのですが、どうせ買うなら気軽に乗れて生活にも取り入れやすい折りたたみ自転車から始めるのがおすすめ。

でも、折りたたみ自転車といっても大きさや形状もバラバラで、正直なところどれを買えばいいのかわからない人も多いはず。

コンパクトな折りたたみ自転車はちょっとした隙間にも収納できるため、玄関先に置いてもジャマにならず、日常生活でも大活躍すること間違いなしです!

そこで今回は、Amazonで販売している中でも高評価を得ている人気ブランドのおすすめ折りたたみ自転車や、折りたたみ自転車を購入したら取り付けておきたい安心・安全グッズをご紹介します。

迷ったらコレ!折りたたみ自転車のスタンダードモデル

 

世界シェアNo.1の折りたたみブランドでもあるアメリカの「DAHON(ダホン)」から販売されているこの自転車。「折りたたみ自転車が欲しいけどどれがいいのかわからない」という人に1番におすすめしたいモデルです。

「折りたたみ自転車といえばコレ!」とも言えるほどスタンダードな形で、シートを畳んで車体とハンドルを折り曲げる3ステップであっという間にコンパクトなサイズに変身します。
車輪のサイズは20インチと一般的な自転車と比べてかなり小さく見えますが、6段変速も搭載されているため日常で使用しても不便に感じることはありません。

さらに重さはそのままで、従来モデルよりもフレームの強度も3倍近く向上しているため、折りたたみ自転車特有の「グニャッ」とする感じもせず、段差も簡単にやり過ごせます。

走りも見た目も重視された、スポーティなモデル

 

「折りたたみ自転車に乗りたいけれどスポーツモデルのように快適に走りたい!」という人には、台湾のブランド「tern(ターン)」から販売されている自転車がぴったりです。

自転車界では台湾ブランドの品質や性能は高く、「GIANT」などの知名度が高いブランドも台湾に生産拠点があります。そのため「tern」から販売されている折りたたみ自転車もまた作りがしっかりしている特徴があります。

折りたたみ構造でありながら、走行中のねじれを抑えるために設計された3Dフレーム構造により、漕ぎ出しからしっかり前に進むことが可能。また、強固なフレーム構造は車体をさらに軽量にしてくれるというメリットもあります。

実際安価な折りたたみ自転車は15キロほどの重さがあるものの、こちらは12キロとかなり軽量ですので、女性でも簡単に持ち運べるのもまた嬉しいポイントですね!

究極のチョイ乗り自転車!世界最小・最軽量でどこにでも持っていける!

 

とにかくコンパクトでキャンプや旅行先に自転車を持っていきたい人には、世界最小・最軽量の折りたたみ自転車「A-bike City」がおすすめでしょう。
8インチのタイヤとアルミの軽量フレームの採用で、重さはなんと6キロ台という驚異的な軽さを実現しています!

小さいタイヤとあまりの軽さで乗りこなすには少しコツが必要ですが、ママチャリと変わらないスピードで走れるギア比に設計されているため、レジャー先だけでなく普段の生活でも問題なく使用できます。

さらに折り畳んだ状態の寸法は、
• 高さ・・・約70cm
• 長さ・・・約41cm
• 幅・・・約21.5cm
と、キャリーケースに収納できるほどコンパクト。収納袋に入れて電車やバスで持ち運ぶなんてこともできちゃいます。

車を所有していない人の強力な味方としてもかなりおすすめの1台です。

コンパクトな折りたたみ自転車にはしっかりした安全対策を!

 

通常の自転車と比べて小さな折りたたみ自転車は存在感が弱く、車や歩行者に気付かれにくいデメリットもあるため、折りたたみ自転車に乗るにはきちんと安全対策をしなければいけません。
前後に専用のライトを取り付けて視界の確認はもちろん、周囲に存在を知らせることが大事です。

ATARAXIAの自転車用ヘッドライトは明るさを3モードに切り替え可能で、1番明るい状態だとかなりの範囲を照らすことができます。一般的なロードバイクのヘッドライトは80~180ルーメンが多いのですが、高輝度白色LEDの採用により、1200ルーメンの明るさを実現。実際使っている人からは「想像以上の明るさで歩行者や対向車に気を遣うレベル」という意見もあるほどです。

さらに乾電池ではなく、USBでの充電式であるため、使用後はパソコンやコンセントに繋いで充電しておけば、取り外して非常用のライトとして常備しておくこともできるでしょう。 

防犯対策は必須!キーロックもコンパクトに!

 

お手軽さが仇となり、簡単に盗まれてしまうのも折りたたみ自転車の宿命...。駐輪時は防犯対策が欠かせません。でも、手軽が売りの折りたたみ自転車にわざわざ重いチェーンロックをリュックに入れて持ち運ぶのなんてイヤですよね。

そんなときはダイヤル式ワイヤーロックをおすすめします!

ワイヤーは細くて非常に頑丈な設計でありながら、わずか100グラム程度しかありませんので、使用しないときはカバンのポケットに入れたり自転車に巻きつけたりでき、保管場所に困ることはありません。ダイヤル式のロックは、鍵を持ち運ぶ必要もありませんので、余計なものを持ちたくない人にとってこれ以上ない防犯対策ともいえるでしょう!

まとめ

行き先で手軽に移動する手段として便利な折りたたみ自転車ですが、あまり安いものだと重くて持ち運べず、収納性が悪くて置き場所に困って結局後悔...なんてことも十分考えられます。

今回紹介した折りたたみ自転車は決して安くはないものの、その分軽量でコンパクトに収納できるおすすめばかりです。この中からお気に入りの1台を選び、折りたたみ自転車デビューの秋にしてみては?

 

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。
※商品の表示価格は変動することがあります。