2019年10月24日 16時07分 JST | 更新 2019年10月24日 16時17分 JST

スマホでひと味違う写真が撮れる!スマホ写真がレベルアップするおすすめグッズ5選

いつものスマホでもさらにレベルアップした写真が撮れるグッズをご紹介します!

編集やフィルターじゃない「差」のつけかた、お教えします。

家族や友達と過ごしているとき、写真に収めたいシーンは突然やって来るものです。

大切な思い出を気軽に記録できるものとして使われるのが、スマホのカメラ機能。

インスタグラムやフェイスブック、ツイッターなど、写真を投稿できるSNSを使う人がとても多いこともあり、気軽にスマホで写真や動画を撮る機会も増えてきたと思います。

しかも最近のスマホはカメラ性能が劇的に向上しているため、簡単に綺麗な写真や動画を撮ることが可能です。

でも、普通に撮っただけでは「ありきたりで味気ない…」と感じることもありませんか?

もちろん編集ソフトを使っての加工することも可能ですが、わざわざ撮った写真を編集するのは面倒だという人も少なくないでしょう。

そこで今回は、スマホでもちょっとレベルアップした写真が撮れるようになる、おすすめグッズをご紹介します!

手ブレを抑えて撮影チャンスをものにする。持ち運び簡単なミニ三脚

写真や動画がブレる原因のほとんどは、シャッターボタンを押すときにスマホが動いてしまうという、安定感の問題です。

最近のスマホは薄型で軽量ですので、固定しようと思って垂直に置いてもなかなか安定しません。

せっかくのシャッターチャンスが巡ってきたのに手ブレで台無しなんて、残念すぎますよね。

そんな時は、スマホをがっちり固定できるミニ三脚を使用しましょう。

クリップでがっちりとスマホをはさんで、固定した状態で三脚に取り付けるため、多少の風や振動では全くブレることがありません。2.6インチから3.7インチ幅の、多様なサイズのスマホに対応可能です。

さらに、別売りのLEDライトやビデオマイクを取り付けられる構造になっているため、動画撮影や、より本格的な写真撮影が趣味の人にもおすすめ。普段はコンパクトに折りたためて、持ち運びも簡単。旅行先や屋外でも使用できるので、外出時のお供に1台用意しておきたいですね!

明るさだけでなくお好みの色合いだって作れる!カラーフィルター付きの LEDライト

先ほどご紹介した商品と同じメーカーから販売されているカメラ用のLEDライトです。

一般的なLEDライトは、カメラを使うと全体的に白くなってしまう傾向がありますが、本製品は定常光を発するため、自然な色合いはそのままで明るくすることが可能です。

照明としての機能はもちろんですが、付属のカラーフィルターを使えば写真全体の色合いも変えられます。

例えば暖かい色合いにしたい時は、オレンジのフィルターを取り付けて撮影すれば写真全体がオレンジがかり、やわらかい見た目の写真が撮れるでしょう。

手のひらサイズで非常にコンパクトなので、持ち運んでも邪魔にならないのがうれしいポイント。三脚とセットで、常にカバンに入れておきたいですね。

撮影スタイルによって使い分け。明るさの無段階調節ができる LEDビデオライト

36個のLEDランプが内蔵されている撮影用ライトで、明るさはダイヤルによって柔軟に、無段階調整ができます。
加えて、4方向に複数のLEDランプを接続できるアダプタも付いているため、撮影スタイルによって複数のライトを組み合わせ明るさの調整が可能です。

ミニ三脚を取り付けられる穴もあるので、撮影以外にも、デスクライトや読書灯代わりとしても活躍します。

LEDライトでありながら1個あたりの値段は2,000円台と非常に安いので、撮影用に2~3個購入しておくのもおすすめです。

クリップのように簡単取り付けが可能。携帯用レンズ

一眼レフのカメラを使った撮影では、対象物や距離によって最適なレンズを使用しますが、スマホでも気軽にレンズを変えられるキットがこの広角レンズです。

スマホのレンズの上に、クリップのように挟むだけなので簡単に取り付けられます。iPhoneやAndroidなどスマホの種類を問わず装着できるのもうれしいですよね。

付属しているレンズは、

● 広角レンズ・・・通常のレンズと比べて視野が広くなり、(120°まで可能)歪みも補正。
● マクロレンズ・・・15倍HDレンズで2~3cmの距離でもピンボケせず、顕微鏡代わりにもなる。

の2種類で、普通のスマホでは撮れないような写真や動画を撮ることができます。
さらにレンズは専用ケース内に入っているので、持ち運んでどこでも気軽に使用できます。旅行のシーンでも活躍すること間違いなしです。

驚くほど小さいのに、とってもスムーズな動画を撮影できる。OSMO POCKET

スマホで動画を撮ると少しの振動や手ブレによる影響を受けやすい撮影環境もあるはず。

そんな時はジンバルが搭載されたカメラを使ってみましょう!
ジンバルとは回転台の一種のことで、カメラが揺れたり傾いたりしても一定の向きに調整してくれる機能のこと。この機能があれば、ブレのない、スムーズな映像の撮影が可能です。

本製品はスマホの本体下部に取り付けるだけでビデオカメラとして使えるようになるので、もう重たいビデオカメラを持ち運ぶ必要はありません!

もちろん動画だけでなく、写真撮影もできますので、旅行先でカバンに入れてどこにでも持ち運びたいですね。

まとめ

今回は、スマホでの撮影がさらにレベルアップするおすすめグッズをご紹介しました。

最近はスマホでの写真や動画撮影がスタンダードになっているため、スマホカメラのスペックもどんどん高性能になってきていますよね。

さらに加工アプリも多く普及しているため、カメラ本体に機能が付いていなくてもそれなりに撮影が楽しめます。

でも、ちょっとしたアイテムを使ってさらに工夫することで、他の人の写真や動画より一味違うものが撮影できます。

今回ご紹介した商品で「これは面白そう!」と思ったものを試して、ぜひあなただけの、新しい景色を撮ってみてください。