竹害が深刻化?竹の製品を使って環境負荷を減らそう おすすめSDGsグッズ4選

消費者の選択で、守れる風景があるかも
消費者の選択で、守れる風景があるかもしれないですね。
消費者の選択で、守れる風景があるかもしれないですね。

全国各地で深刻化している『竹害』をご存知ですか?

以前、竹は私たちの生活を支える大切な資源でした。しかし、プラスチックなどの普及により、竹の需要も年々低下しているそう。

そうした背景から放置される竹林などが増え、近隣の敷地に侵入したり、他の植物に悪影響を及ぼしたりと今では『竹害』とまで言われるようになりました。

今回は、竹を有効活用した製品を紹介します。竹害対策の一つとして生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか?

プラスチックフリーの竹製綿棒「BAMBUS(バンブー)竹コットンバド」

持ち手の棒が竹で作られているプラスチックフリーなエコ綿棒。
プラスチック製品より丈夫かつ適度なしなりがあるため、曲がったり、折れたりする心配がありません。

また、抗菌作用や抗真菌作用もあるそう。
リサイクル紙を利用した箱はコンパクトで見た目もおしゃれ。マッチ箱のようにスライドさせて必要なときにすぐ取り出せるため、旅行や出張先のバッグに入れて持ち運びにも便利です。

用途に合わせて3つの大きさから選べる!「TAKEMI 竹製まな板3点セット」

TAKEMIの竹製まな板3点セットは、製造の過程で薬品や塗料を使用せず、食用大豆油で仕上げられています。

天然素材のため、小まめなメンテナンスが必要ですが、定期的に少量のオリーブオイルを含ませた薄手のふきんで表面を磨けば、表面の色をキープすることができます。

サイズ違いのセットのため、まな板として、お皿としても利用できおすすめです。

そのほかにも同ブランドからは、ユニークな形のまな板やコースター、ティッシュボックスなど、様々な竹製品が販売されています。竹製品の魅力が生かされた製品が多く、おすすめです。

強度抜群!竹繊維を使ったスポンジ「ナチュラル キッチンスポンジ」

竹の繊維は、柔らかさに加え、強度も兼ね備えており従来のスポンジに比べ、比較的長持ちすると言われています。

また吸水性にも優れており、普段お使いのスポンジと変わりなく、使用することが可能です。

使用後は、水洗いして乾燥させるだけなので手軽に生活に取り入れることができますね。

アウトドアのお供にも!「竹製カトラリーフラットウェアセット」

竹製のスプーン、フォーク、ナイフ、お箸、ストローが1つにまとめられたカラトリーセット。

とても軽く、布ポーチに入れてクルクルと回せばコンパクトに収納できます。キャンプやピクニックなどアウトドアのお供にピッタリですね。

布ポーチは、ホワイトとブラウンの2種類とアースカラーで見た目もおしゃれです。
ストローには、お手入れ用のブラシもついているので洗いやすく、衛生面も安心です。

まとめ

今回は、竹で作られた4つの商品をご紹介しました。
竹害をはじめ、環境や生態系の破壊に関する環境問題は、私たちのちょっとした行動や意識の変化で進行速度を遅らせることができるかもしれません。

まずは、身近なところから取り入れてみませんか?

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。
※商品の表示価格は変動することがあります。