お家の防寒グッズ5選。電気代を抑えながら冬の寒さ対策をしよう

断熱・保温対策をして、お家でも快適生活を
ちょっとした工夫で、冬も快適ライフを送れます
ちょっとした工夫で、冬も快適ライフを送れます

いよいよ本格的に肌寒くなり、暖房器具を取り出した人も多いのではないでしょうか?

冬場を快適に過ごすためには、しっかりした防寒対策が欠かせません。でも、暖房を使いすぎると光熱費が気になりますし、環境にもやさしくないですよね。

今回は、なるべく費用をかけずにお部屋の暖かさを保ってくれる、おすすめ防寒グッズをご紹介します。

窓から熱が逃げるのを防ぐ「窓断熱シート」

KTJ 窓用フィルム 窓断熱シート

Amazonで見る 楽天で見る

多くの家では、壁には断熱材が入っていても、窓ガラスには防寒対策が施されていませんよね。

そこでおすすめするのが、窓断熱シート。窓に貼り付ければ、家の中の熱が外に逃げるのを防いでくれます。また、遮熱フィルムは遠赤外線を反射吸収してくれるため、夏場はお部屋を涼しく保つのに一役買ってくれます。

さらにミラー反射フィルム効果により、日中は太陽光を取り入れつつ、外からは目隠しできます。

窓ガラスに保温シートが貼れない時はこれ。「断熱透明カーテン」

ニトムズ 冷気ストップライナー 100cm x 225cm

Amazonで見る 楽天で見る

窓ガラスが網入りガラスや真空ガラスだと、先ほどご紹介した断熱シートが貼れないことがあります。そんな場合には、断熱透明カーテンがおすすめです。

断熱透明カーテンは「カーテンレールに引っ掛けるだけ」と設置も簡単。

断熱シートと併用すればかなりの断熱効果がありますので、しっかりと防寒対策をしたい人は、ぜひ試してみてください。

熱が床から逃げるのを防ぐ「アルミ保温シート」

保温シート アルミホットンシート 3畳用

Amazonで見る 楽天で見る

厳しい寒さを乗り切るためには、床の防寒対策も大事。ホットカーペットやこたつを使っていても、床が冷えているとあっという間に熱が吸収されてしまいます。

そんな時は保温シートを敷いておいてみましょう。こちらのアルミ保温シートは、表面がアルミ製のシート、裏面は発泡ポリエチレンシートの2重構造となっています。

2つのシートはそれぞれ役割があり、表面のアルミシートは熱を反射する性質を利用して、熱が床に逃げるのを防いでくれます。また、床からの冷気は発泡ポリエチレンの層がブロックしてくれます。

お湯の入れ替え不要の「蓄熱式湯たんぽ」

じんわりと優しい熱で温めてくれる湯たんぽは、昔ながらの保温グッズとして親しみがある人も多いのではないでしょうか。

でも、湯たんぽを利用するには毎回お湯を沸かす必要があるため、ちょっと面倒なことも。

蓄熱式湯たんぽは電気式で、コードをつないでおけば8~12分ほどでぽかぽかになります。持続時間も6~7時間と長く、じんわり温かさが一晩中続きます。

事故防止の安全装置もついていますので、気軽に使用できそうです。

履くだけで温かい「ウールスリッパ」

シンプルなデザインながら、足全体を温かく包みこんでくれるウールスリッパ。足元の冷えを防ぐためには欠かせません。

本製品の表面はカシミヤが使用されており、ふかふかした履き心地。

靴底には厚めの高反発のスポンジとTPRと呼ばれる「熱可塑性ゴム製ソール」が採用されており、クッション効果はもちろん、静音効果も高くなっています。

カラーはベージュ、ピンク、グレー、ライトブラウン、ダークブラウンの5種類あり、お気に入りの色を選べます。

まとめ

今回は、寒い季節もお部屋で快適に過ごせる防寒グッズをご紹介しました。

本格的な冬が訪れる前に、ぜひ寒さ対策をしてみてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。
※商品の表示価格は変動することがあります。