外付けディスプレイを活用して作業効率アップ!おすすめディスプレイ5選

外付けディスプレイがあなたの仕事の助けになるかも
モニターがもう一つあれば…もっと早く帰れたかもしれない…
モニターがもう一つあれば…もっと早く帰れたかもしれない…

並行して作業をしている際に
「もう一つディスプレイがあると助かるのに…」

そう思ったことがある方も少なくないはず。

調べ物や資料作成、様々なシーンで外付けディスプレイがあると便利です。
今回は、1万円台で購入可能なディスプレイをご紹介。外付けディスプレイの快適さの虜になるかもしれません。

Amazonのディスプレイ・モニター部門で2018年1位!「I-O DATA モニター 23.8インチ」

I-O DATA モニター 23.8インチ ADS非光沢 スピーカー付

Amazonで見る 楽天で見る

数あるディスプレイの中でもっとも機能と価格のバランスが良いI-O DATA モニター 23.8インチ。

23.8インチと十分な大きさです。

主な機能としては

● フェールセーフ機能:誤操作・誤動作による障害が発生した場合、常に安全側に制御する機能
● ブルーリダクション機能:ディスプレイ自体がブルーライトを低減させる機能

の2つ。ブルーライトも5段階で調整可能です。

また、今回ご紹介する商品の中で対応端子ももっとも多く、

● HDMI
● DVI-D
● D-sub15ピン
● ヘッドフォン端子

の4つに対応しています。

3年保証&土日も電話サポートOKなので、初心者の方にも安心ですね。

奥行わずか7mmの超薄型デザイン!「ASUS フレームレス モニター 23インチ」

ASUS フレームレス モニター 23インチ 薄さ7mmのウルトラスリム

Amazonで見る 楽天で見る

外付けディスプレイは、便利なアイテムですが唯一欠点は、その大きさ。
限られたスペースの中で場所を取るディスプレイを置きたくない方もいるはずです。

そんな方におすすめなのが、ASUS フレームレス モニター 23インチです。

わずか7mmの超薄型デザインなので、限られたスペースでも安心。さらに2.7kgと軽量なのも嬉しいですね。

主な機能としては、

● ASUS Low Blue Lightテクノロジー:ブルーライトを大幅低減、4種類から選択可能
● ASUS フリッカーフリーテクノロジー:バックライトを調整して画面のチラつきを無くす

の2つ。対応端子は

● HDMI
● D-sub15ピン
● ヘッドフォン端子

です。

Amazon.co.jp限定品ということもあり、今回ご紹介するディスプレイの中では最安値の商品です。

フレームレスでスッキリデザイン!サポート万全の「Dell モニター 23.8インチ SE2419HR」

「初めてディスプレイを購入したけど、何かあった時のサポート体制が気になる...」

そんな方には、Dell モニター 23.8インチ SE2419HRがおすすめです。

3年保証に加え、修理時は代替品が届くという手厚いサポートが付いています。

何か問題が起きた際でも仕事を滞る心配もなく安心ですね。
サポート体制重視で選ぶのであればこちらの商品がおすすめです。

自由なレイアウトが可能!「BenQ アイケアモニター GW2480T 23.8インチ」

BenQ アイケアモニター GW2480T 23.8インチ

Amazonで見る 楽天で見る

「長文のテキストを読む必要がある」
「スマホでの表示画面をPCでチェックしたい」

そんなニーズをお持ちの方におすすめなのが、BenQ アイケアモニター GW2480Tです。

モニターを左右に45°回転、縦型に90°回転と自由にレイアウトすることが可能です。

縦に90°回転することで、上から下へスクロールする数が減り、スムーズに長文を読むことができますね。

その他にも

● ブルーライト軽減モード
● 明るさ自動調整機能
● フリッカーフリー機能(画面のチラつきを抑える機能)

と充実しているのも嬉しいですね。
ケーブルホールもついており、デスク周りをスッキリ保つことも可能です。

携帯性に優れたモバイルモニター「EVICIV 13.3インチ」

ここまで紹介してきたディスプレイは「据え置き型」ですが、「外出先でも外付けディスプレイを使用したい」という方には、持ち運びに便利なモバイルモニターEVICIV 13.3インチがおすすめです。

ノートパソコンの13インチとほとんど同サイズで重さも698gと持ち運びも楽々。

コンパクトさに加え、端子は

● HDMI
● USB Type-C

に対応。スマホ画面をモニターに映すこともできます。

タブレットのようにタッチ操作が可能な点もポイント。ストレスなく操作できますね。

まとめ

様々なシーンで活躍しそうな外付けディスプレイ。今回は、据え置き型から持ち運び可能なコンパクトなものまで幅広く紹介しました。

ご自身のライフスタイルや仕事の相棒として、検討してみてはいかがでしょうか。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。
※商品の表示価格は変動することがあります。