インフルエンザ予防はできていますか?すぐに取り入れたい対策アイテム5選

マスクや消毒スプレーなど、インフルエンザ対策に利用できるアイテムを紹介します
この投稿は、現在は閉鎖されているHuffPost寄稿プラットフォームで公開されたものです。寄稿者が内容を管理し、当サイトに自由に投稿します。このエントリーの内容が不正である場合は、メールでご連絡ください
この時期はいくら対策しても、不安になりますよね…。
この時期はいくら対策しても、不安になりますよね…。

今年も流行シーズンに突入したインフルエンザ。「年末年始の多忙な時期、絶対にかかりたくない!!」と、気を張っている人も多いのではないでしょうか。

予防には第一に、健康的な生活や早めのワクチン接種が肝心。しかし忙しい日々が続き、病院に行く時間がない人も多いはず。

そんな人は日頃から対策をして、インフルエンザにかからないようにするよりほかありません。

今回は、すぐに取り入れることができる予防アイテムを5つ紹介します。

帰宅時などにワンプッシュ消毒

アルボナース 手指消毒剤 保湿剤配合・速乾性 1L [指定医薬部外品]

Amazonで見る  |  楽天で見る

ワンプッシュで消毒ができるアルコール手指消毒・除菌液です。同じタイプの商品が、病院などにも置いてるのを見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

ノズルをワンプッシュするだけで使うことができるこちらの商品。アルコールなので水と違い、すぐに乾くのが特徴です。ティッシュなどを濡らし、雑菌が付いているスマホなどの電子機器の除菌にも活用できます。

1リットルのお徳用サイズなので、年間を通して利用できそうですね。使用後は、折りたたんで捨てられる減容ボトルなのも、うれしいポイントです。

ノーズクッション付きのマスク メガネの曇り予防にも

快適ガードプロ プリーツタイプ レギュラーサイズ 30枚入

Amazonで見る  |  楽天で見る

インフルエンザシーズンの必需品であるマスク。感染予防の定番アイテムですが、隙間ができてしまうと効果が下がってしまいます。

こちらの快適ガードプロ プリーツタイプは、ノーズクッションで鼻とマスクの間の隙間をなくしてくれる、密着性の高さが特徴の商品です。縦横クロスプリーツ構造を採用しているので、アゴ周辺の隙間もなくしてくれます。

息がマスクから漏れないので、メガネが曇りにくいのもポイント。

特殊静電フィルターにより、ウイルスのほか花粉や微粒子なども防ぐので、インフルエンザシーズンの次にやってくる花粉症シーズンにも大活躍しそうですね。

二酸化塩素でウイルス対策 首に掛けて持ち歩ける除菌マスク

クロニタス ウイルス・細菌・ニオを除去する 首かけマスク お得な2個セット

Amazonで見る  |  楽天で見る

こちらは、首に掛けて持ち歩ける最新型の除菌マスクです。空間除菌グッズなどで使われている二酸化塩素の発生剤が入っています。

ウイルス・細菌や、においへの対策に利用できます。匂いはミント、無香料の2種類です。

使用の際は肌や肌着に直接触れないようにすること、屋外では風の影響を受けやすいので注意が必要です。

酒造メーカーが作るアルコール77%除菌スプレー

パストリーゼ77 スプレーヘッド付 500ml

Amazonで見る  |  楽天で見る

アルコール77%のスプレーです。神戸や神奈川などに工場を持つドーバー酒造が作る商品で、酒造会社ならではの純水度が特徴となっています。

緑茶から抽出した高純度カテキンが配合されており、まな板や調理器具の除菌・防臭にも利用可能。

アルコール度数がとても高いので、火の近くでの使用はNG。また、大量に使う場合は換気が必要です。

マスクにスプレーでフィルター性能がアップ

アレルシャット マスクでブロック 20mL

Amazonで見る  |  楽天で見る

マスクにシュッとスプレーすることで、フィルター性能をアップさせることができるというアイテムです。

マスク独特の匂いが気になるという人もいると思いますが、こちらの商品は、植物抽出エキスによる消臭もできて、無香料・無着色が特徴です。

まとめ

インフルエンザの流行シーズンは、仕事の繁忙期や受験の時期にも重なるため、早めの対策が重要です。

自分や家族、職場の仲間のためにも、今回紹介したアイテムでインフルエンザに備えてみてはいかがでしょうか?

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。