「七草粥」をお取り寄せでお手軽に。年末年始に疲れた胃腸を休めましょう

1月7日は、七草粥を食べて一年の無病息災を祈る日。その由来とオススメの商品を紹介します
材料を全部揃えなくても、手軽に楽しめるフリーズドライ商品などもあります!
材料を全部揃えなくても、手軽に楽しめるフリーズドライ商品などもあります!

年末年始は飲み会が続き、胃腸にとっては休む暇もない忙しい時期です。胃腸を休めるため、そして一年の無病息災を祈って食べるのが「七草粥」。

七草粥とは、春の七草や餅などを具にして作った塩味のお粥。無病息災を願い、毎年1月7日に食べるという風習があります。

今回は、七種粥の由来と、自宅でおいしく食べられる商品を紹介していきます。

由来

春の七草とは、せり、なずな、ごぎょう(ハハコグサ)、はこべら(ハコベ)、ほとけのざ(コオニタビラコ)、すずな(カブ)、すずしろ(ダイコン)の7つの草のことを指します。小さい頃に、家庭科の授業で習ったことのある人も多いのではないでしょうか。

七種粥は中国の前漢時代に生まれた「人日(人の日)」の節句の行事。唐時代にはこの日に7種類の菜を入れた汁物「七種菜羹」を食べる習慣が生まれ、これが日本に伝わって七種粥の習慣になったと言われています。

そんな歴史の深い行事食ですが、「全ての種類を一から用意して作るのはちょっと大変...」と感じる人もいるのでは。

そこで、簡単に七草粥を作れる商品をご紹介します。

新潟県コシヒカリ100%、水にもこだわった七草粥

ヒカリ食品 七草がゆ250G(季)

Amazonで見る

新潟県コシヒカリ100%のお米を五分づき精米にしたおかゆと、国産七草のフリーズドライをセットにした商品です。

五分づきにすることで玄米と違って食べやすくなるのが特徴。甘みも感じられ、胚芽が残っていることで鉄分、ミネラル、ビタミン等も多く含まれています。

製造場所の新潟県五泉市は、昔から質の良い水が自噴しており、上水道は河川からとったものではなく井戸水を多く使っているのだそう。

原材料のお米は、地元新潟のコシヒカリと、新潟三大名産地の一つ・岩船産コシヒカリを100%使っています。旨みを損なわないよう、独自の製法でパックしてお届けします。

おかゆに混ぜるだけ、他の料理にも応用可能なフリーズドライ七草

フリーズドライ春の七草 3g×2P

Amazonで見る

国産の七草の新鮮さと旬の香りをそのままフリーズドライ加工し、おかゆに混ぜるだけで七草粥ができる商品です。1パックでお茶碗約3杯分をつくることができます。

おすすめの作り方は、おかゆを鍋に作り、火を止め、鍋の中に加えて軽く混ぜるだけ。お好みで、塩を加えて味を整えます。

リゾット風にアレンジしたり、お味噌汁や卵焼きに入れたりするのもおすすめです。

特別栽培の島根県仁多米を使った、七草玄米粥

ムソー 仁多米玄米 七草かゆ 1人前

Amazonで見る  |  楽天で見る

島根県産仁多米の契約栽培の玄米を使ったおかゆと、国産のフリーズドライの七草を組み合わせた七草粥です。

仁多米の産地である仁多郡は、 古代から日本有数の良質米の産地として知られているお米の名所。

七草はそれぞれ、すずしろは熊本・大分・北海道等、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずなは北海道産のものを使っています。

まとめ

七草粥には、一年の無病息災を願うという意味も込められています。

年末年始に酷使してしまった胃腸を七草粥でゆっくりと休め、2020年を元 気にスタートさせましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。