愛犬用おもちゃ&見守りカメラ5選。留守の間も快適に過ごしてもらうために

コレがあれば退屈しない!ワンちゃんが喜んでくれて、飼い主も安心のグッズは?
お留守番がんばったら、いっぱい甘やかしてあげよう!
お留守番がんばったら、いっぱい甘やかしてあげよう!

できればいつも一緒にいたいけど、愛犬を置いての外出は避けられないもの。お留守番の時間も、ワンちゃんには少しでも楽しく過ごしてほしいですよね。

そこで、賢くて好奇心いっぱいのワンちゃんが、長時間楽しめるおもちゃを厳選。さらに、お留守番中の様子が確認できるドッグカメラもご紹介します。

フードを入れてコロコロ!スタイリッシュなサイコロ

アップドッグトイズ 犬用おもちゃ THE ODIN ミント

Amazonで見る  |  楽天で見る

アメリカ・シアトル発のブランド「Up Dog Toys」による「THE ODIN」は、中におやつを入れて遊ぶおもちゃ。コロコロ転がすと中からおやつが出てきます。

スタイリッシュなカラーの多面体ボールが不規則な転がり方をするため、ワンちゃんが飽きずに遊べます。

また、直径約9cmという大きさも絶妙。小型犬でもくわえられる大きさながら、中型犬でも誤飲しないようになっています。しかも連結することができるので、大型犬でもOK。

BPAフリーの素材を採用しているところも、飼い主としてはうれしいポイントですね。

インテリアにもなじむ、木製おやつボール

リプラス (REPLUS) Tamagohan タマゴハン

Amazonで見る  |  楽天で見る

こちらも中におやつを入れて遊ぶおもちゃで、その名も「TAMAGOHAN」。

無塗装のゴムの木を使ったナチュラルなデザインが、お家のインテリアを邪魔しないと人気のアイテムです。我が家の愛犬用にはもちろん、ギフトに選ぶ方も多いようですよ。

デザインはたまごのほか、どんぐり、洋ナシの3種。ドライタイプのおやつを入れたらネジを締めることができるので、中身が一気に漏れる心配もなし。前足や鼻先でコロンコロンと転がしながら遊んでくれます。

大きさは約5cm×8cm。小型犬から中型犬まで、幅広い犬種におすすめです。

愛犬にも数独?パズルで脳トレ遊び!

Dog' SUDOKU スライドパズルカラフル

Amazonで見る  |  楽天で見る

「Dog’s SUDOKU」は、パズル型の知育玩具。

穴におやつを置いたら、ピースを動かし隠したところを見せてからスタート。鼻や前足を使ってピースをスライドさせ、おやつを探します。賢いワンちゃんの好奇心をかきたてるばかりか、ストレス解消にもつながるそうです。

こちらは4ピースの初級ですが、16ピースの上級まで4種類あり、気に入ればステップアップも可能。はじめは在宅時に遊んでみて、慣れてからはお留守番の間に遊んでもらうのがいいかもしれません。

いたずら好きワンちゃんにはホリホリおもちゃ

iDig Stay

Amazonで見る  |  楽天で見る

ワンちゃんの本能である“穴掘り”の習性に着目して生まれたのが「iDig Stay」。

トレーにセッティングするフラップ(布)には、それぞれ異なる位置にポケットがあり、おやつを隠すことができます。

フラップは3枚あり、重ねることで堀る楽しみもアップ! 難易度を上げていくことで、長時間遊ぶことができます。体力があり余っているワンちゃんにぴったりです。

見守り&遠隔遊びも可能なドッグカメラ

Furbo ドッグカメラ [ファーボ] - AI搭載

Amazonで見る  |  楽天で見る

こちらはAI搭載の見守りカメラの中でも人気の「Furbo」。160°見渡せる広角カメラで画質の良さもさることながら、本体におやつをセッティングし、スマホで操作するとポーンと飛び出すのが楽しいと評判です。遠隔遊びにハマる飼い主も多いそう。

マイクも搭載しており、留守番中のワンちゃんに話しかけることもできるほか、ワンちゃんがカメラを見たり、吠えたりしたときにはスマホにお知らせがくるので、異変をすぐに確認できます。

専用アプリは複数アカウントを登録することが可能なので、家族で愛犬の様子を共有できます。

まとめ

お利口なワンちゃんでも長時間お留守番させるのは、心苦しいもの。これらのおもちゃやグッズを上手に活用して、楽しくお留守番をしてもらえるといいですね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。