2020年10月02日 15時12分 JST | 更新 2020年10月02日 15時12分 JST

大注目「秋の味覚」おすすめ8選。手軽な「秋レシピ本」も紹介

大粒で甘い栗に、食べやすい秋刀魚、そして香り豊かな松茸まで...厳選した「秋の味覚」を紹介します。

kazoka30 via Getty Images

10月に入り、少しずつ秋の香りが感じられる季節になりました。

秋といえば、読書や紅葉の季節ですが、「食」も欠かせないテーマの一つ。

今回、秋に旬を迎える絶品の食材を、「楽天」で販売されいる人気商品の中から厳選して紹介します。

栄養満点で香りも豊かな旬の食材で、夏に耐えた心身に栄養を注ぎ込んでくださいね。

北海道産 北海シマエビ(SS)1キロ

 楽天で見る

エビは種類によって旬が微妙に異なることで知られていますが、北海道シマエビは、まさに今が旬です。

程よい塩加減で茹で上げた北海道シマエビをたっぷり1キロ(160~180尾)まとめてお届けするこちらのセットは、お酒のおつまみは勿論、唐揚げなどにしても、そのプリッとした食感が一層際立って美味しくいただけます。

暑さが引いてくる時期なので、お吸い物にして香りを楽しむのもおすすめです。

淡路産活はも丸ごと1本500g〜600gサイズ【2人前】

 楽天で見る

ハモの旬は初夏と秋の2回に分かれると言われています。

こちらのハモは骨切りをした状態で届くので、お家で調理したことがないという人でも、手軽にハモ鍋やハモしゃぶが味わえます。

トレイに入ってのお届けですが、可能な限り長いままの状態なので、丸々1本のボリュームを目で楽しめるのも嬉しいポイントです。

静岡県産 沼津の干物 秋刀魚

 楽天で見る

秋といえば秋刀魚です。しかし、干物でいただくとなると、美味しさの反面、小骨や調理時の煙や部屋に残る匂いも気になります。

沼津産の「まるごとくん」秋刀魚の干物は、電子レンジや湯煎などで簡単に調理が可能で、カルシウムたっぷりの骨まで全て食べられるのが自慢のポイント。

天然塩や富士山の湧水を使うなどのこだわりに加え、無添加で保存料を一切使用していないので、手軽に味わえる「秋の味覚」に持ってこいです。

脂ののり抜群!金華さば 選べる詰合せセット 120g 10切れ 【減塩シリーズ】

 楽天で見る

黒潮と親潮がぶつかり合う宮城県の金華で育った「金華サバ」は、脂の乗りが抜群。サイズも大きく、とにかく食べ応えのある贅沢な味わいが定評です。

サバの味わいが豊かなので、こだわりの漬けダレはあえてお塩は少なめ。

包装から取り出したら、フライパンやグリルで役だけで簡単に食べることができるのも嬉しいポイントです。

シャリシャリで甘味満載![和梨6玉]

 楽天で見る

贈り物としても定番の和梨は、優しい甘みとシャリっという歯ごたえがたまりません。

その甘さから「水菓子」とも呼ばれた梨は、夏で食が細くなってしまったという人にもおすすめの旬の果実です。

フルーツショップセンバは、注文の時期に応じて、その時、旬の品種を四国や京都などから郵送してくれるというから驚きです。

出雲産西条柿こづち5kg箱(L寸34個)

 楽天で見る

出雲市の平田で育った四条柿こづちは、甘さに定評がある品種です。

収穫した柿のサイズ分けから全てを手作業で行っているという徹底ぶりで、楽天ランキングでも1位を獲得しています。

自然の甘みがぎゅっと詰まった贅沢な果実は、旬のうちにぜひ味わいたいですね。

生鮮 松茸 約500g 訳あり

 楽天で見る

厚い夏を乗り越えたご褒美に、ちょっとリッチな「松茸」のご褒美はいかがでしょう?

楽天でも高い口コミを誇るこちらの松茸は、世界的に有名な中国シャングリラの山林で採れた商品です。

鮮度が命とも言われている松茸ですが、お手頃価格の秘密は毎日産地から直輸入しているから。その後、国内で厳選し、安心・安全でお届けしています。

「スーパーで買った松茸とはレベルが違う!」と、香りやサイズにも定評があります。

【稀少品】愛媛特産 銀寄栗大粒3Lサイズ4キロ生栗「銀寄3L4」

 楽天で見る

愛媛特産の銀寄栗は甘みが強く、柔らかい品種として人気があり、優しい舌触りはそのままでも、調理にも適しています。

大粒で食べ応えが嬉しい銀寄栗は、3kgから注文が可能です。

秋の食材を使った料理を楽しもう。秋のおすすめレシピ本

笠原将弘のいちばんおいしい秋レシピ

 楽天で見る

「秋は和食でいただきます」をテーマに、お酒や白いご飯に合う秋のお料理をまとめたこちらの一冊は、旬の食材を最大限に活かしたレシピが盛り沢山です。

福を呼ぶ京都くらし暦 [ 小宮理実 ]

 楽天で見る

京都で生まれ育ったおせち料理・行事食研究家の著者による、四季のお料理レシピ本。

日本の気候の元で育った旬の食材たちを、古都である京都で培われた調理法で仕上げていく過程は、何事にも変えがたい季節の楽しみ方の一つです。

まとめ

いかがでしたか?旬の美味しい食材を食べて、秋を楽しんでみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。