アートとカルチャー
2020年12月03日 13時44分 JST

イモータン・ジョー役の俳優を追悼。シャーリーズ・セロンさん「とても親切で美しい魂の持ち主」【マッドマックス 怒りのデス・ロード】

ヒュー・キース=バーンさんが73歳で死去。「いつも悪者ばかりなんで、たまには恋人役もやってみたいね」と冗談交じりに語ったことも。

Twitter/CharlizeAfrica
「イモータン・ジョー」を演じるヒュー・キース=バーン さん(左)。シャーリーズ・セロンさんのTwitterより

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で武装集団の支配者「イモータン・ジョー」を演じた俳優ヒュー・キース=バーンさんが、12月1日に死去した。73歳だった。USAトゥデイなどが報じた。

この作品で女性大隊長のフュリオサを演じたシャーリーズ・セロンさんは、公式Twitterで「とても親切で美しい魂の持ち主だったので、邪悪な首領を演じることができたのは驚くべきことです」と追悼した。

 

■「いつも悪役ばかりなんで、恋人役もやってみたいね」

Matt Sayles/Invision/AP
ヒュー・キース=バーンさん(2015年撮影)

ハリウッドレポーターなどによると、キース=バーンさんは1947年にインドで生まれ、幼い頃にイギリスに移住。1973年に劇団「ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー」の一員としてオーストラリアを訪れたのを機に、その後はオーストラリアに移住して俳優活動を続けた。

1979年公開の初代『マッド・マックス』で暴走族のリーダー、トゥーカッター役で知名度を上げた。悪役を演じることが多く、シリーズ最新作の『怒りのデス・ロード』でもイモータン・ジョー役でスクリーンに鮮烈な印象をもたらした。

2015年の上映当時、USAトゥデイのインタビューにキース=バーンさんは、悪役を演じることは問題ないとして、「私のような年老いた大根役者にとっては、とても楽しいことだ」と語っていた。その上で​「いつも悪役ばかりなんで、恋人役もやってみたいね」とも冗談まじりに振り返った。

 

■C・セロン「邪悪な首領を演じることができたのは驚くべきことです」

『怒りのデス・ロード』で女性大隊長のフュリオサを演じたシャーリーズ・セロンも公式Twitterに追悼メッセージを投稿。劇中での好敵手への別れを惜しんだ。

「ヒュー・キース=バーンの御冥福を祈ります 😔 とても親切で美しい魂の持ち主だったので、邪悪な首領を演じることができたのは驚くべきことです。私の友人に深く惜しまれるでしょう」