NEWS
2019年06月14日 10時02分 JST

タンカー攻撃「イランに責任」 アメリカ国務長官が発言

使われた武器や技術などから分析したと説明し、「イランは日本を侮辱した」などとも非難した。

朝日新聞社
13日、米国務省で声明を読むポンペオ国務長官=ワシントン、ランハム裕子撮影

タンカー攻撃「イランの責任」 米国務長官が明言

 中東のホルムズ海峡付近のオマーン湾で、日本の海運会社が運航するタンカーなど2隻が攻撃を受けたことについて、ポンペオ米国務長官は13日、緊急の記者会見を開き、「米政府はイランに攻撃の責任があると分析している」と明言した。集めた情報、使われた武器、攻撃するための高度な技術、最近の類似する船舶への攻撃などに基づくとしている。

 ポンペオ氏は「この地域にこれだけ高度に洗練された攻撃ができる代わりの武装勢力はいない」と述べ、イランによる攻撃との見方を示した。さらに「安倍首相がイランに歴史的な訪問をし、緊張緩和と対話を求めたのに、イランの最高指導者はトランプ大統領(のメッセージ)には答えないと言うことで拒否した。イランは日本のタンカーを攻撃し、船員の命を脅かすことで日本を侮辱した」などと強く非難した。

 一方、米海軍第5艦隊はオマーン湾を航行していた日本のタンカー「KOKUKA COURAGEOUS」など2隻から通報を受け、救援活動にあたったと明らかにした。(ワシントン=渡辺丘)

(朝日新聞デジタル 2019年06月14日 08時42分)

関連ニュース