NEWS
2020年02月12日 11時19分 JST

殺虫剤に引火か 居酒屋の厨房で爆発、5人けが

厨房の業務用食洗機の下にいたゴキブリに殺虫剤を噴射したところ、充満したガスに引火したことが爆発の原因とみられています。

朝日新聞社
爆発が起きた居酒屋(2階)の対応にあたる消防隊員ら=2020年2月11日午後10時11分、千葉県習志野市、福冨旅史撮影

居酒屋の厨房で爆発、5人けが 殺虫剤に引火か 習志野

 11日午後8時35分ごろ、千葉県習志野市津田沼1丁目で「爆発があった。窓ガラスが割れ、道路に散乱している」と目撃者から110番通報があった。県警習志野署によると、ビルの2階の居酒屋内で爆発があり、客や通行人を含む男女計5人が軽傷を負った。

 同署によると、けがをしたのは居酒屋の40代の男性店長と20代の男性アルバイト店員、いずれも客の40代の女性と50代の男性、通行中の20代の男性の計5人。

 店長とアルバイト店員が、厨房(ちゅうぼう)内の業務用食洗機の下にいたゴキブリに殺虫剤を30秒ほど連続噴射したところ、充満したガスに引火したとみられる。当時、店内には十数人の客がいたという。(多田晃子)

(朝日新聞デジタル 2020年02月12日 07時53分)

関連ニュース