ライフスタイル
2019年05月15日 11時41分 JST

川村ひかる、若年性更年期障害で苦しんだ過去「まだ30代前半なんだからって…」

自分にはまだ先の話だと思っていても、実は20代から知らないと怖いことになる可能性もある。

AbemaTIMES

 更年期と聞いて「なんとなく怖い」「大変そう」と漠然なイメージを持っていないだろうか。自分にはまだ先の話だと思っていても、実は20代から知らないと怖いことになる可能性もある。

 SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース』(AbemaTV/アベマTV※毎週土曜23時から放送中)では、更年期症状を経験した女性たちが集合。「20代から知っておきたい更年期」をテーマに、経験者たちが赤裸々に語った。

【次回放送】▶︎5月25日(土)23時~
(※見逃し防止には視聴予約がおすすめ)

 
AbemaTIMES

  タレントの川村ひかるさんは、33歳のときに若年性更年期障害と診断された。川村さんは「(若年性更年期障害と言われても)自分自身もピンとこなかったし、周りの先輩に相談しても『まだ30代前半なんだから更年期なわけがない』って笑われた」と当時を振り返る。川村さんは、首から上が暑く、汗が滝のように流れてくる“ホットフラッシュ”という症状に悩まされ、動悸や息切れもひどかった。

「このまま自分の身体はどうなるんだろう」

若年性更年期障害になった川村さんには、そんな不安や恐怖が常にあった。

 川村さんは、自身が若年性更年期障害だと診断を受ける前は、さまざまな病院で検査を受けていた。男性の医師に「検査的に問題ない」と言われ、自身の身に何が起こっているのかわからず、振り回されたこともあった。

「女性の医師でご自身も(更年期障害を)経験されている年齢だと『自分もなったことがあるから若年性更年期かも』って言ってくれたけど、お医者さんが若かったりすると自分が体験していないから統計的なもので見られてしまったことがあった。出口がない」

AbemaTIMES
産婦人科医の中田真木さん

 川村さんの話を聞いた産婦人科医の中田真木さんは「開業して自分でオフィスをもって女性を診察している男性の医者は、底力のある人が多い。全員とは言わないですが、いい先生が多いと私は思う」と見解を述べる。また「共感してもらえるから女性の医師がいい、女性の医師なら大丈夫、そういうところからスタートするのはいけない」と指摘し、必ずしも男性の医師だから悪いわけではないと話した。

 女性において閉経前の5年間と閉経後の5年間が「更年期」と呼ばれている。このとき、女性ホルモンが大きくゆらぎながら低下することで「更年期症状」と言われる、めまいやイライラ、ホットフラッシュなどが起こる人もいる。その中でも、日常生活に支障をきたすほど深刻な状態を「更年期障害」という。

 中田先生によると、女性100人中約30人に更年期症状が見られ、その中でも約10人が更年期障害になるという。原因は、閉経して卵巣から分泌されるエストロゲンが急速に減少することや、ほかにも加齢などの身体的因子、性格などの心理的因子、人間関係などの社会的因子が複合的に関与することで発症すると考えられている。

AbemaTIMES

  若年性更年期障害と診断を受けた川村さんに、生理が戻ったのは2年後のこと。婦人科でホルモンの数値を測ると、圧倒的にAMH(発育過程にある卵胞から分泌されるホルモン)が低かったという。

 産婦人科医の中田先生は、女性が自分の身体を守るために、生理が止まることはよくあると話す。

「更年期障害では生理が止まったり、ホルモンが下がったりするだけではなく、身体年齢も関係しています。ストレスで1~2年間、生理が止まる人は珍しくなく、特に若い女性の無月経は、環境への適応の一部で、排卵や生理が止まるのはよくある話です。極端にいえば、性行為をしないと排卵や月経をともなわない女性もいます」(産婦人科医・中田真木さん)

AbemaTIMES
更年期症状の原因

 若くして更年期だと診断された川村さん。周りに相談すると「疲れているだけじゃない?」「生理痛がひどいだけだよ」と言われてしまった。川村さんは「大丈夫だよって言われると、理解してもらえないんだって思ってつらかった」と当時を振り返り、次第に友人とも距離を置くようになった。

 川村さんは「鍼とアロマで症状を軽減する“女性の保健室”のような場所を見つけられた。そこで症状を理解してもらえた」と、相性の良い診療機関を見つけたことで、心身ともに楽になることができたという。

 ほかにも、川村さんは首に冷えピタを貼って、更年期症状のひとつであるホットフラッシュを対策。専門家によると、首元を冷やすことが難しい服装の場合は、ウェットティッシュをブラジャーに入れて心臓を冷やすのも効果的だという。

(AbemaTV/『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)
(ライター/小林リズム)