アート&カルチャー
2019年02月19日 12時01分 JST | 更新 2019年02月19日 13時04分 JST

ジャニーズからバーチャルアイドルが誕生 SHOWROOMとコラボ、演者は「なにわ男子」の藤原&大橋

ジャニーズが「バーチャルアイドル」のプロジェクトをスタートさせた。プロデューサーを務めるのは、SHOWROOMの前田裕二さん。ジャニーズ事務所にとって、画期的なプロジェクトといえる。

記者発表会に登壇した藤原丈一郎さん、大橋和也さん、前田裕二さん。

ジャニーズ事務所から、初の「バーチャルアイドル」が誕生する。同事務所は2月19日、生放送動画配信サービスを提供するSHOWROOM株式会社とタッグを組み、「バーチャルジャニーズプロジェクト(VJP)」を始動すると発表した。

第1弾として、SHOWROOM代表の前田裕二さんプロデュースのもと、バーチャルキャラクターのアイドル「海堂飛鳥(かいどう あすか)」「苺谷星空(いちごや かなた)」の活動が決まった。

演者(CV)は、関西ジャニーズJr.内で結成されたユニット、なにわ男子の藤原丈一郎さんと大橋和也さんが担当する。

キャラクターは、人気クリエイターユニット「HoneyWorks」のイラストレーター、ヤマコさんがデザインした。 

ジャニーズ初の"バーチャルアイドル"、海堂飛鳥(かいどう あすか)と苺谷星空(いちごや かなた)

SHOWROOM配信を通じてデビューとワンマンライブを目指す

海堂、苺谷の2人は、SHOWROOMでの配信を通じてアイドルとしてのスキルを学び、アイドルデビューとワンマンライブを目指すという。

19日21時30分には、「SHOWROOM」で初の動画生配信も迎える。

なお、SHOWROOMには配信者に「有料ギフト」をプレゼントする課金システムもあるが、このプロジェクトは有料アイテムには対応しないという。

同日開かれた記者発表会には、CVを務める藤原丈一郎さん、 大橋和也さん、SHOWROOMの前田裕二さんが登壇。

前田さんはジャニーズ事務所とタッグを組んだ理由について、「(同事務所の)『エンターテインメントを通じて幸せを届ける』という理念に共感していた。ジャニーズの価値観を、今広がりつつあるインターネットの世界にも染み渡らせていきたいという思いがあった」と説明。

「プロジェクトを通じて、バーチャルアイドル領域でヒットを生むだけではなく、ジャニーズ側にその盛り上がりを還流させることも大きな目的です」と狙いを語った。

SHOWROOMでの生配信によって、視聴者とキャラクターの「リアルなコミュニケーション」も可能になる。

さらに、日本にいながら世界中のどこにでも発信ができる強みを生かし、「キャラクターの世界観を世界に発信し、ジャニーズが持っているコンテンツの可能性を最大化していきたい」と意気込んだ。

演者を演じる「なにわ男子」の藤原丈一郎さんは、「ジャニーズとSHOWROOMさんで新しいチャレンジをしていく。今後どういった形に発展していくかわからない部分もありますが、いずれかは世界に発信したり、ゆくゆくは、なにわ男子を含めて関西ジャニーズJr.のお仕事の幅が増えていくといいな、と思っています」と話した。

自身が演じる苺谷星空のキャラクターが、「自分と似ている」と話した大橋和也さん。

新しい領域にチャレンジする意気込みについて、「僕は喋りが好きで。緊張もしているんですが、すごく楽しみです。ジャニーズのファンの方々はもちろん、HoneyWorksのファンの方、アニメファンの方にもジャニーズを好きになってもらえるように頑張りたいと思います」と語った。

 

藤原丈一郎さん
大橋和也さん

 

ジャニーズ事務所にとって新境地のプロジェクト

SNSの普及などにともない、「ネット解禁」を進めているジャニーズ事務所。

今回タッグを組む「SHOWROOM」を率いる前田裕二さんは、アイドルが動画を生配信する新たなアイドルビジネスを生み出し、エンタメ業界でも注目度の高い若手起業家だ。

架空のキャラクターがYouTuberとして活動する「バーチャルYouTuber」の人気が広がる中、ジャニーズ事務所が前田さんと手を組み「バーチャルアイドル」のプロジェクトを立ち上げることは、画期的といえる。

ジャニーズ事務所にとって新境地のプロジェクトでもあり、今後の展開に大きな注目が集まりそうだ。

一方で、”バーチャル(仮想)”な存在のアイドルを、デビュー前の関西ジャニーズJr.のメンバーが演じることについては、賛否両論の意見を呼びそうだ。

プロジェクトの始動にあたり、プロジェクトチームは、「バーチャルキャラクター配信により、新しい登竜門を創出し、 最新技術でジャニーズの新時代を切り開いてまいります」とコメントしている。