新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年03月13日 10時06分 JST | 更新 2020年03月13日 11時14分 JST

トルドー首相が自主隔離。妻の新型コロナウイルスの感染を受け【UPDATE】

イギリスから戻った妻が、微熱などを含むインフルエンザのような症状を訴えたと明らかにしました

カナダのトルドー首相が、妻のソフィー・グレゴワ・トルドー氏が新型コロナウイルスの検査をしたことを受けて、自分自身も自主隔離すると発表した。

妻の検査結果が明らかになるまで自宅待機を続けるという。

【UPDATE 3月13日11:07AM】

グレゴワ・トルドー氏の検査結果が陽性だったと、トルドー首相のコミュニケーション・ディレクターのキャメロン・アフマド氏がTwitterで伝えた。

グレゴワ・トルドー氏は医師のアドバイスに従い、自己隔離を続ける。トルドー首相は、現在症状が出ていないので検査は受けていないが、14日間隔離を続ける予定だという。

DAVE CHAN via Getty Images
トルドー大統領と、妻のソフィー・グレゴワ・トルドー氏

大統領オフィスよると、イベントに出席するために訪れたイギリスから戻ったグレゴワ・トルドー氏が、微熱などを含むインフルエンザのような症状を訴えた。

「すぐに医師のアドバイスを受けて、新型コロナウイルスの検査を受けました。自宅で自主隔離して、テストの検査を待っています。症状は治まっています」と大統領オフィスは12日に発表した。

トルドー首相自身に同じような症状は出ていないが、検査結果がわかるまで自主隔離するという。

首相はTwitterで、12日と13日に予定していた、各国の首相や先住民のリーダーたちとの会合を先延ばしにしたと伝えた。

「私的なニュースがあります。イギリスでのイベントに出演して帰国したソフィーに、昨夜軽いインフルエンザのような症状が現れました。症状は良くなっていますが、医師のアドバイスに従って、新型コロナウイルスの検査の結果が出るまで、自宅で自主隔離しています」

「十分に注意するため、ソフィーの結果がわかるまで、私自身も自主隔離と自己監視を行います。しかし自宅で精力的に働きます。今日は何人かの世界のリーダーたちと話し、コロナウイルス対策のための内閣委員会の会議に出席します」

「今日は首相や先住民のリーダーたちとの話し合いを楽しみにしていました。しかし状況を考え、会議を先延ばしすることにしました。その間、新型コロナウイルスの拡大を防ぎ、カナダを安全にするための対策を電話で話し合います」

ハフポストカナダ版の記事を翻訳しました。