2020
2019年10月18日 13時00分 JST

五十嵐カノア、東京オリンピック出場権を暫定獲得。サーフィンの世界最高峰ツアーで上位

「金メダル目指して頑張ります」と五十嵐選手はSNSに投稿した。

サーフィンの世界最高峰ツアー(WCT)を主催するWorld Surf League(WSL)は10月17日、五十嵐カノア選手が2020東京オリンピック出場権を暫定的に獲得したことを発表した。

現在ポルトガルで開催されているWCT第10戦に参加している五十嵐。2019年のツアーはこの大会を含め残す2戦で、五十嵐は現在ランキング6位。この出場権獲得は、現時点では「暫定的」とされており、2020年ISA Surfing World Gamesの参加などの条件が含まれる。

五十嵐は自身のInstagramで、「きょう正式に2020東京オリンピックに日本代表選手として選ばれたことが発表されました。応援してくれている皆さん、ありがとうございます。期待に応えられるように、金メダル目指して頑張ります」と投稿し、多くの歓喜と応援の声が寄せられている。

また、WSLのインタビューでは、開催国日本を代表し、金メダルを獲得することの意味について質問され、「それは僕の大きな目標で、出場権を獲得したことで、その夢に一歩近づいた。オリンピックに出場し、サーフィン界にとって、そして母国にとって大きな瞬間の一部になれることを誇りに思う」と話した。

サーフィンは2020年の東京オリンピックで初採用となる新競技。世界から合計40人の選手(男女20人ずつ)、各国最大男女2名づつまでの参加となっている。日本からはすでに、9月宮崎で開催されたISA World Surfing Gamesの結果から男子は村上舜選手、女子では松田詩野選手が出場権を獲得している。