アートとカルチャー
2021年05月11日 15時02分 JST | 更新 2021年05月11日 18時01分 JST

数原晋さん死去。『天空の城ラピュタ』で「ハトと少年」を演奏したトランペット奏者

金曜ロードショー初代OPや『ルパン三世』など、数多くの作品に演奏を提供しました。

STUDIO GHIBLI
公式サイトで公開されている『天空の城ラピュタ』の1シーンより

トランペット奏者の数原晋(かずはら・しん)さんが74歳で死去した。音楽関係者の話として、4月に亡くなったと日刊スポーツなどが報じた。

数原さんはジブリ作品の楽曲を多く手がけ、『天空の城ラピュタ』では主人公の少年パズーが吹く「ハトと少年」の演奏を担当。他にも「必殺シリーズ」テーマ曲や、『ルパン三世』の楽曲にも参加している。 

日本テレビの映画番組『金曜ロードショー』では、初代オープニングテーマ「フライデー・ナイト・ファンタジー」の演奏をしていた。『金曜ロードショー』の公式Twitterでは、初代オープニングの動画ととも数原さんの冥福を祈るメッセージを掲載した。