LIFE

妊娠から誕生までを「男の子」として再び トランスジェンダーを公表した20歳、祝った母親の素敵な方法とは

妊娠したように装った母親の大きなお腹の写真や、20歳の子供をまるで新生児のようにブランケットに包んだ写真も
グリーンさん(右)とトランスジェンダーを公表したエイドリアンさん(中央)
グリーンさん(右)とトランスジェンダーを公表したエイドリアンさん(中央)

ケンタッキー在住のある母親による、トランスジェンダーの息子を尊重するクリエイティブでカラフルな手法が世界中から称賛された。

20歳になったエイドリアンさん。誕生日のわずか2カ月前に、家族にトランスジェンダーであることを告白した。母親のヘザー・ランドバーグ・グリーンさんは誕生日のお祝いに、その告白に感謝する写真撮影を計画することにした。

そして、よくある妊婦による子供の性別発表写真にユーモアを添えて撮ることにした ー ただしこの場合、エイドリアンさんを男の子として発表する写真だ。グリーンさんは詳細にまでこだわり、妊娠したように装った大きなお腹の写真や、エイドリアンさんをまるで新生児のようにブランケットに包んだ写真もあった。

心温まるショットの中には、エイドリアンさんを彼の母親と17歳の弟、ルーカスが抱擁しているものもあった。

「あなたの子どもがトランスジェンダーだと告白したとき、写真撮影は素晴らしいアイデアです。これは彼が静かにそして勇敢に、自らが望まないレースから外れ、自らの道を見つけて勝つために進んでいったという事実を祝うためのものです」と彼女は1月29日のFacebook投稿に記した。エイドリアンさんを「私が知るなかで最も素晴らしい人物」と呼び、さらに「あなたを愛している、あなたがあなたであることを尊敬している。そして偽りのない自分でいようとするあなたの勇気を尊敬しているわ!」と。

妊娠したように装った大きなお腹を見せるグリーンさん
妊娠したように装った大きなお腹を見せるグリーンさん

撮影のアイデアは単純に「自分の子どもの人生の節目を祝いたい」との願いから生まれたものだと、グリーンさんはハフポストに語った。

「彼が性を移行すると打ち明けたとき、私は彼の旅路をサポートしようと決意しましたが、正直どうすればいいのかは全くわかりませんでした」と彼女は言った。「私は常にLGBTQコミュニティーにたくさん友人がいました。それでも、母親として何をすべきか、また『それでも愛してる』という以外に何て答えて良いか分かりませんでした。どうやって周りに伝えるのか?彼の旅路をできるだけ平穏なものにするために、私たちはどうすればいいのか?」

グリーンさんとエイドリアンさんが撮影の方針を決めた後、彼女はパーティショップで風船や小道具を選び、彼女のボーイフレンドの14歳の娘、カーラ・デイビスさんを呼んだ。デイビスさんがクリスマスプレゼントにもらった新しいカメラで撮影してくれるよう頼んだのだ。「私たちはトランスジェンダーの息子を祝うだけでなく、世界中が見るべきアートを創る若い女性を後押ししたかったのです」と彼女は説明した。

それでも、グリーンさんはその画像を投稿することはちょっとした賭けだったと認める。特にトランスジェンダーの人々がアメリカ中で強まる迫害にさらされていた時期であり、トランスジェンダーの若者は全体として自殺を図るリスクが高いこともある。

「私たちに賛成しない人や、愛やサポートの意思を示さない人たちがいる事は十分理解しています」と彼女は言う。「しかし彼らと私たちは無縁です...知りもしない人を嫌うのは、さぞ疲れる事でしょう」

グリーンさんは当初、彼女の友人たちとこの時を分かち合いたいとの願いからこの写真をSNSにシェアしたと言う。しかしそれはすぐに注目を集め、オンライン上で広がっていった。2月7日の時点で、グリーンさんのオリジナル投稿は1万6000回以上もシェアされ、2万9000回以上のいいね、を獲得した。

写真に対する反応は ー これはピープル誌USAトゥデイNBC、その他の有名な媒体でも取り上げられたが ー 「温かく、協力的で力になるものでした」と彼女は言った。

新生児のようにブランケットに包まれたエイドリアンさん
新生児のようにブランケットに包まれたエイドリアンさん

「これは今までで最もクールなものの一つだ」「これこそ素晴らしい子育て、そして無条件の愛の姿だ!」「母親の愛に性差はない。あなたたちにとってお互いの存在は素晴らしいものだ」などの声が寄せられた。

最終的に、グリーンさんは人々が写真を見て、単純に喜びを感じとってほしい、と言う。

「トランスジェンダーのコミュニティーを容認したり'我慢'したりするだけでは十分ではありません。私たちは彼らを讃えるべきなのです」と彼女は言う。「彼、彼女たちは私たちが考えも及ばない勇気を持っていたのです。私たちは、互いの共通点と違いを世界中の全ての人とともに讃えることができるはずです」

トランスジェンダーの子どもの親に、彼女の経験から得てほしいメッセージについては、「あなたの子どもを信頼し、彼らを尊敬し、自分には知らない事があることを受け入れてください。彼らから学んでください」と彼女は語った。

ハフポストUS版の記事を翻訳、編集しました。