2019年06月20日 10時46分 JST | 更新 2019年06月20日 10時46分 JST

新興の化粧品メーカーが次々に登場。事業拡大の鍵を握る、「商品企画」の求人が狙い目?

国内市場は飽和していると言われて久しい…

Getty Images

今、化粧品業界では新興メーカーの参入が相次いでいる。こうした中、事業拡大の鍵を握る「商品企画職」の求人募集を活発化する企業も。実際の求人をもとに、その動向を見ていこう。

新興企業が台頭する「化粧品メーカー×商品企画」求人とは?

国内市場が飽和していると言われて久しい化粧品業界。ただ今、新興の化粧品メーカーが次々に登場している。異業界であるネット系企業のメーカー化、アジア発コスメブランドの日本市場への進出など新しいブランドが後を絶たない状況だ。

たとえば求人募集を行なっていたのが、美容系口コミサイトを運営するネット系ベンチャー企業。オリジナルブランドの開発を行なうための商品企画を募集していた。

口コミサイトに蓄積されたデータを元に、商品の企画を行なうポジション。2016年7月に立ち上がったばかりの急成長企業のため、変化や挑戦を求める方には最適な環境だと言えるだろう。

この記事に関連する求人はこちら

 

さらに、「日系大手日用品メーカー×ドイツスキンケアメーカー」の合弁会社の募集も見受けられた。NIVEA、NIVEA for MEN、8×4、atrixなど、ロングラン商品を所有する同社。マーケティング部門とR&D部門の橋渡し役として、商品化までの一連の業務を担っていくという。企画からマーケティングまで幅広い業務を担い、幅広い経験を培うことができそうだ。

そのほかにも、多くのポジションで募集が行なわれている。ぜひ実際の求人をチェックしてみてほしい。

この記事に関連する求人はこちら