2021年06月16日 11時27分 JST | 更新 2021年06月17日 16時33分 JST

話題の「キリン ホームタップ」なら本格的な生ビールが自宅で愉しめる!料金や特徴は?

CMでも見かける家庭用ビールサーバー「キリン ホームタップ」。本当においしいの?料金は高いのでは?など、購入を迷っている人も多いのではないでしょうか。今回は、ホームタップの特徴や、評判、コスパ、使い方などを紹介します。

キリン ホームタップは、キリンビールが開発・販売している家庭用ビールサーバー。家庭でおいしい生ビールが飲めると、CMでも話題ですよね。評判が気になるところですが、実際に、97.7%の利用者がそのおいしさに満足している(※1)との声も!

キリン ホームタップの特徴や料金、その使い心地は?ハフコレ編集部がまとめてみました。

キリンホームタップの特徴は? 

1. 工場つくりたてのおいしさが自宅に届く!

【Tank to Glass】をコンセプトにしたホームタップの特徴は、なんといっても、工場つくりたてのおいしさが届くこと。

ホームタップ専用のペットボトルは、独自の特殊コーティング技術を採用し、ビールの劣化の原因となる酵素の透過を防ぎます。また、配送を月に2回とすることで、いつでもつくりたてのおいしさを届ける工夫がされています。 

2.ビールのラインナップも充実!

様々なこだわりのビールから、お好きなビールを選ぶことができます。

通年で用意されているのは、キリン一番搾り最上位ブランドの「一番搾りプレミアム」。ギフトや、一部店舗でしか販売されていない商品です。

そのほかにも、季節に応じた期間限定のクラフトビールが随時登場。IPAやラガー、ホワイトエールなど、常時3〜4種類から選ぶことができます。様々なバリエーションがあると、季節に応じて愉しめそうですね。

3. 月額の定期配送サービスでいつでもおいしいビールを

キリン ホームタップは会員制の月額サービスです。会員になると、ビ―ルサーバーが無料でレンタル(※2)でき、ビールが月に2回届きます。また、追加の注文やスキップもできるので、自分のペースに合わせてビールを愉しむことができます。

4. グッドデザイン賞受賞。クリーミーな泡をつくるビールサーバー

ビールサーバーにもこだわりがたっぷり。おいしさを追求し、クリーミーな泡をつくるため、パーツの開発には1年以上の歳月をかけたのだとか。スマートなデザインは、グッドデザイン賞も受賞しています。インテリアに馴染みますね。

キリンホームタップの料金とビールの量は?

夢の生ビール生活を叶えるホームタップ。憧れるけれど、コスパ面も気になるところです。

月額の定期コースは、4Lと8Lの2種類。いずれも基本料金は3,190円(税込)/月です。ビールサーバーは、無料でレンタル(※2)でき、送料やビールサーバー備品(炭酸ガスカートリッジ)は、基本料金に含まれています。

4L、8Lコースの料金と、1杯あたりの値段まとめてみました。

月4Lコース

合計月額費用8,250円〜(税込)/月
ビール料金4L5,060円〜(税込)/月
1杯あたり421円(税込)
※1Lあたり1,265円(税込)からビアグラス330㎖3杯分として換算。基本料金は含みません。

月8Lコース

合計月額費用12,430円〜(税込)/月
ビール料金4L9,240円〜(税込)/月
1杯あたり385円(税込)
※1Lあたり1,155円(税込)からビアグラス330㎖3杯分として換算。基本料金は含みません。

市販の缶ビールに比べると、ちょっぴり高い値段ではありますが、ワンランク上のビールが自宅でいつでも味わえる贅沢を考えると相応の価格帯かもしれませんね。

本格的な生ビールを自宅で愉しみたい人におすすめのサービスです。 

キリンホームタップの使い方 

キリン ホームタップは、初めてビールサーバーを使う人でも簡単に生ビールが注げるように工夫されています。

1. 冷蔵庫でよく冷やす

飲む前にビールをしっかり冷やします。ボトルは、冷蔵庫に収まりやすい1リットルサイズ。ビールの保存は冷暗所で常温でOKなので、必要な分だけ冷やしましょう。

2.サーバーを準備

ビールサーバーに電源をつなぎスイッチをオン。炭酸ガスカートリッジをセットします。ビールのボトルに、付属のストローとキャップを装着し、サーバーに入れたらセットは完了です。

サーバーには、保冷機能もついているので、ベランダなどでも電源があれば、冷えたビールを味わうことができます。

3. グラスを準備して、注ぎましょう

お気に入りのグラスを準備したら、レバーを手前に倒して注ぎます。グラスをサーバー側に少し傾け、7割ほど注ぎましょう。その後、レバーを奥に倒し、クリーミーな泡を注げば完成!

4. 飲み残してしまっても、保冷機能で48時間美味しく飲める

サーバーの保冷機能で、48時間は適温が保たれます。夜に開封した場合、飲み残してしまっても、翌々日の夜頃まではおいしく愉しむことができます。週末の金曜日にセットしたら、日曜日の夜までですね。

キリンホームタップのお手入れは?3ステップで簡単!

サーバーの利用後のお手入れも3つのステップで簡単です。

  1. ビールサーバーのチューブを水洗い
  2. ストローは使い捨てのため、取り外して捨てる
  3. 炭酸ガスカートリッジは交換し、不燃ゴミで捨てる ※各自治体のルールをご確認ください。

それぞれのパーツは、必要な数がビールとともに届くので、自分で再度購入する手間もありません。

利用開始の流れは?解約方法は?

キリン ホームタップは、公式ホームページから申し込み可能(※3)です。必要情報を入力し、毎月のプランを選択するだけ!申し込み時に、案内されるスタート月から、サービスが開始されます。

ただし、毎月の会員枠には限りがあるため、上限に達した場合は、次の募集まで待つ可能性があります。

ホームページから解約が可能です。ただし、最低契約期間は1年間。1年未満で解約する場合は、サーバー代金の一部として16,500円(税込)がかかります。不要な際はスキップも可能なので、上手に調整しながらサービスを利用しましょう。

キリンホームタップで夢の生ビール生活を

生ビール好きにはたまらないサービス「キリン ホームタップ」を紹介しました。いつものディナータイムや、ゆったり過ごす休日にぴったりです。ぜひ、この機会にトライしてみませんか?

※1 2019年2月会員アンケート(キリン ホームタップ公式HPより)
※2 最低契約期間(12か月)継続利用を条件にサーバーのレンタル費用は発生しません。(ただし、最低契約期間内の解約の場合は、解約手数料としてサーバー代金の一部に相当する税込16,500円をご負担いただきます。)
※3 沖縄県および、一部離島地域にお住まいの方はお申し込みいただけません。
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。
※サービス内容・価格は2021年5月現在の情報です。