アートとカルチャー
2019年06月17日 14時27分 JST | 更新 2019年06月17日 14時28分 JST

『麒麟がくる』の追加出演者が発表。長谷川博己が主演する明智光秀の正室は木村文乃

語りを担当する市川海老蔵「節目にこのような大役をいただき、大変光栄」

時事通信社
明智光秀を主演する長谷川博己(左)と、正室・煕子(ひろこ)を演じる木村文乃
oriconnews

俳優の長谷川博己が主演を務め、来年1月からNHKで放送される『麒麟がくる』の追加出演者が17日、発表され、木村文乃南果歩村田雄浩徳重聡片岡愛之助檀れい佐々木蔵之介滝藤賢一谷原章介眞島秀和吉田鋼太郎の出演が決まった。語りは市川海老蔵が務める。 

同作は、大河としては初めて智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた半生に光を当てる。木村は光秀の正室・煕子(ひろこ)、南は守護代・斎藤道三の正室・深芳野(みよしの)、村田は美濃三人衆と呼ばれた斎藤道三有力家臣の一人、稲葉良通/一鉄、徳重は明智家に仕える家臣・藤田伝吾、片岡は「海道一の弓取り」の異名を持ち、強大な軍事力を持つ有力戦国大名・今川義元。 

檀は、織田信秀の継室・土田御前、佐々木はのちの豊臣秀吉/藤吉郎、谷原は室町幕府末期の幕臣・三淵藤英、眞島は光秀の生涯の盟友・細川藤孝/ 幽斎、吉田は主に畿内を中心に勢力を広める戦国武将・松永久秀を演じる。 

語りを担当する市川海老蔵は「2020年はオリンピックの年であり、私事ではありますが襲名の年でもあります。そのような節目にこのような大役をいただき、大変光栄に思っております。魅力的な作品づくりの一助となるよう、精一杯つとめさせていただきます」(2020年5月より13代目市川團十郎白猿に襲名)とコメントを寄せている。