WORLD
2020年05月22日 11時48分 JST

芸能人パーティーに、アルパカ。動物虐待では?と韓国で論争に、YouTuberの飼い主は…

アルパカは騒音に敏感な動物で知られている。

イム・ジヒョンのインスタグラムより
パーティーの現場にいるアルパカと一緒にいる「IMVELY」イム・ジヒョン

韓国で、芸能人が大勢参加したパーティーに動物のアルパカが動員され、「動物虐待」という議論が広がっている。アルパカは、人が多く騒音がある場所では、ひどくストレスを受ける動物として知られているからだ。

この論争に対して、アルパカの飼い主と確認されたユーチューバーが心境を明らかにした。

ユーチューバーは、5月19日、自身のユーチューブチャンネルのコミュニティを通じて、「パカのファンだという写真家から誘われました。来るのは全て写真家で、簡単な誕生日パーティーだと聞きました。パカの写真を撮ってくれると言われたので、行くことにしました」と、パーティーに参加した経緯を説明した。

ユーチューバー
動物虐待論争に関する立場を残したユーチューバー

ユーチューバーは続けて、「しかし突然、場所がカフェに変更されました。その方のペットも来ると言われたのでペット同伴カフェなのかと思っていましたが、行ってみると、パカがいるべき場所ではありませんでした。簡単に写真を撮り、水一口も飲まずにすぐに帰りました」と釈明した。

そして、「まず、きちんと調べられず、パカを連れていったことについては申し訳なく、誤解を招いてしまって皆様に申し訳ない」とし、「私たちは、決してパカをお金をもらって貸したりしません」と話した。

アルパカ論争が出る前、このパーティーには、俳優イ・ミンジョン、アフタースクール出身イ・ジュヨン、T-ARA(ティアラ)のヒョミン、新体操選手のソン・ヨンジェ、インフルエンサーのイム・ジヒョンなどが、マスクを着用せずに参加していたという報道が出た。

20日、イ・ミンジョンとソン・ヨンジェ、イム・ジヒョン側は、短い時間だけ滞在し帰ったと説明、俳優キム・ヒジョンと歌手イ・ジュヨン、ヒョミンなどは、所属事務所を通して謝罪している。

 

ハフポスト韓国版を翻訳・編集しました。