新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年04月03日 10時49分 JST | 更新 2020年04月03日 16時24分 JST

「ライブハウスが潰れようとも早く非常事態宣言を」ロフト創始者の平野悠さんが悲痛な訴え(新型コロナ)

ロフトグループのライブハウス「LOFT HEAVEN」では、3月20日に開催されたイベントの出演者から感染が判明していた。

loft-prj.co.jp
ライブハウス「LOFT HEAVEN」の公式サイトより。3月20日のイベント出演者に新型コロナ感染が判明していた。

ライブハウス「ロフト」の創始者である平野悠さんが、自身の会社が運営するライブハウスの出演者に新型コロナウイルスの感染者が出たことに絡んで悲痛な訴えをした。

4月2日、公式ブログで「ライブハウスが潰れようとも早く強制力を持った非常事態宣言を出して」と政府に要望したのだ。

■「どうにもならない膨大な赤字だった」

平野さんは、1976年に「新宿ロフト」を開店。都心を中心にライブハウスやトークスペースなど12店を展開する株式会社ロフトプロジェクト(東京都新宿区)の会長を務めてきた。

しかし、東京・渋谷のライブハウス「LOFT HEAVEN」で3月20日に開催されたイベントの出演者から、新型コロナウイルスの感染者が出たことが判明した。

新型コロナの影響によるイベントの減少は、全国のライブハウスに深刻なダメージを与えており、平野さんは4月1日の公式ブログで「わたしゃ、ロフト社長に『なんとかライブは自粛して欲しい』と言ってはいたのだが、会社がどうにもならない膨大な赤字だった」(原文ママ)と振り返った。

その上で、「会場は50人以下で全部椅子席だし、消毒と換気をすれば大丈夫だろうと言った甘い考えがあったようだ」と指摘した。

平野さんは翌2日の公式ブログで、責任を取ってロフトプロジェクト会長を辞任する意向を公式ブログで明らかにした上で「ライブハウスが潰れようとも早く強制力を持った非常事態宣言を出して欲しいと思っています。それでないと第二のロフトが続出してしまいそうです」と訴えた。

■「LOFT HEAVEN」の重要なお知らせ

LOFT HEAVEN」公式サイトに掲載された「重要なお知らせ」は以下の通り。

【重要なお知らせ】3月20日の夜に開催された「大衆キャバレー・ニューヤナギヤ」の出演者の中から新型コロナウイルスの感染者が出たことが判明しました。このような事態になってしまったことを、みなさまに深くお詫び申し上げます。現在、保健所の指導のもと店は休業しております。3/20に参加されたお客様の中で、体調不調を覚える方は、至急、最寄りの帰国者・接触者相談センターにご連絡をお願いします。(感染症電話相談窓口)0570-550571