アートとカルチャー
2019年12月02日 12時34分 JST | 更新 2019年12月02日 12時35分 JST

株式会社LONDONBOOTS、田村淳さんが設立発表。相方の田村亮さんの芸能界復帰に向けて運営(声明全文)

「田村亮と吉本興業を繋ぐ為の会社」「いつの日か芸能活動の再開が許された時にはじめて動き出す」としています。

時事通信社
左から「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんと田村淳さん(2009年撮影)

お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが12月2日、相方の田村亮さんと共に株式会社LONDONBOOTSを設立したと公式Twitterで発表した

田村亮さんは闇営業問題で謹慎処分を受けて、6月から芸能活動を自粛している

田村淳さんによると、「今後の人生で再び芸能活動をしたい」という亮さんの意思を受けて、2人で会社を作ったという。

所属先の吉本興業から独立するための会社ではなく、「田村亮と吉本興業を繋ぐ為の会社」「いつの日か芸能活動の再開が許された時にはじめて動き出す」としている。会社の運営は、代表取締役を務める田村淳さんが行うという。

さらに同日、YouTubeチャンネル「ロンブーチャンネル」も開設。田村淳さんは「いつになるかは分かりませんけど、このロンドンブーツチャンネルで何か一緒にできたらいいな」と話している。

 

Twitterに投稿された新会社設立の声明全文は、以下の通り。

 

■田村淳さんの声明全文

この度、活動自粛中である田村亮と私、田村淳で株式会社LONDONBOOTSという会社を設立致しました。

私が代表取締役として、会社の運営をしていきたいと考えております。

今回の闇営業問題、ことの発端は反社会的グループの主催のイベントだとは知らかった(原文ママ)とはいえ、参加してしまい、そのイベントでギャラを貰っていたにも関わらず、公の場で田村亮がギャラをもらっていないと嘘をついた事がきっかけで沢山の人に迷惑をかける事になってしまいました。

本当に申し訳ございませんでした。

今後どのような形で芸能活動を再開できるのか、現時点では全く何も決まっていませんし、復帰の話などは時期尚早だと思いますが、亮と何度も話し合いして、今後の人生で再び芸能活動をしたいという本人の意思を受けて、2人で会社を作ることになりました。

いつの日か芸能活動の再開が許された時にはじめて動き出す会社です。そして、吉本興業から独立する為の会社ではなく、田村亮と吉本興業を繋ぐ為の会社です。

今回、世間に対して嘘をついたことは、決して許されることではないですが、亮には嘘をついた事を謝罪して、しっかりと反省して、次に進む姿を見せて欲しいと思いますし、私もそれを厳しく見守りつつ、支えていきたいと思います。

株式会社LONDONBOOTS

代表取締役 田村淳