M&M’sが「インクルーシブ」に変化も、漂う「コレジャナイ感」…SNSでツッコミ続々

6色のキャラクターの見た目の変化は、靴に集中しているようです。
ラスベガスにあるM&Msの店舗
ラスベガスにあるM&Msの店舗
Alphotographic via Getty Images

80年以上の歴史があるチョコレート菓子M&M’sがよりインクルーシブになる。

M&M’sを製造するマースは1月20日、「すべての人たちが居場所があり、社会をインクルーシブだと感じられる」ためのグローバル戦略を発表。

その一環として、6色のマスコットをイメージチェンジした。

新しくなったマスコットたち
新しくなったマスコットたち
Mars

見た目の変化は靴?

マスコットの外見や性格の変化について、マースは「自己表現とコミュニティーの力の重要性を強調するため」と説明している。

ただし、見た目の変化は靴に集中しているようだ。

6つのマスコットのうち、最も変化したのは女性キャラクターのブラウンとグリーン。

ブラウンはこれまでもヒール靴を履いていたが、ヒールの丈が低くなった。グリーンはゴーゴーブーツからスニーカーに履き替えた。

グリーンの靴についてマースは「クールでカジュアルなスニーカーは、彼女の自然な自信を反映する」と説明している。

またブラウンとグリーンは、これまで広告でぶつかり合う姿が描かれてきたが、今後は「仲良く」「女性同士で助け合う」ようになる。

グリーンの紹介ページには「忙しくて、人の悪口を言う暇なんてない」と書かれている。

Z世代に最も身近なオレンジ

他のキャラクターは、レッドとイエローの靴に靴ひもがついた。そしてオレンジは、これまで外れていた靴ひもを結ぶようになった。

CBSによると、オレンジはZ世代に最も身近なキャラクターだ。これまでも心配性な性格だったが、これからは「不安を感じる本当の自分を受け入れるようになる」という。

また、いじめっ子だったレッドは、今後はより親切な性格になる。

さらに、見た目と性格の変更に加えて、名前から「Ms」という性別を示す敬称がなくなるという。

マースはこのグローバル戦略について「よりインクルーシブで快適で、人々を一つにする」と述べているが、この変化に複雑な思いを抱えている人もいるようだ。

キャラクターの変化について、SNSでは様々な反応が投稿されている。

スニーカーに力を入れたM&Mに100%同意。我々は虐げられたコミュニティで、もっと代表される必要がある

オレンジが、不安を認めるようになった

オレンジが不安の問題を抱えていて、ブルーが「ただ幸せになりたい」ということを知りながら、どうしてM&Mが食べられるだろう。

ハフポストUS版の記事を翻訳・加筆しました。

Popular in the Community