NEWS
2019年05月14日 17時29分 JST

京マチ子さんが95歳で死去。戦後の映画界を牽引した女優 『羅生門』などに出演

ベネチア、カンヌなど海外の名だたる映画祭で主演作が次々と受賞し「グランプリ女優」の異名もとった。

時事通信フォト
勲四等宝冠章受章の喜びを語る女優の京マチ子さん(東京・港区の大映テレビ)
oriconnews

女優・京マチ子さん心不全で死去 95歳 『羅生門』『雨月物語』など

 映画『羅生門』『雨月物語』など数々の映画に出演した女優の京マチ子さん(本名:矢野元子/やの・もとこ)が12日午後12時18分、心不全のため都内の病院で死去した。95歳。14日、東宝が発表した。 

 京さんは1924年3月25日生まれ。大阪市出身。映画『羅生門』(黒澤明監督)、『雨月物語』(溝口健二監督)、『源氏物語』(吉村公三郎監督)など映画史に残る数々の作品に出演し、戦後の映画界をけん引。ベネチア、カンヌなど海外の名だたる映画祭で主演作が次々と受賞し「グランプリ女優」の異名もとった。 

 最後の舞台出演は、『女たちの忠臣蔵』(2006年9月明治座製作 橋田壽賀子作 石井ふく子演出)の瑤泉院役だった。

関連記事