新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年07月30日 15時34分 JST

8000万枚の布マスク、批判集中で追加配布を断念

介護施設などからも「必要ない」などと不満の声が相次いだことを受け、野党議員が追及していた。

朝日新聞社
政府から介護施設に届いた布マスク

布マスク8千万枚、追加配布を断念 批判集中で厚労省

 新型コロナウイルスの感染防止策として政府が進める介護施設などへの布マスク配布について、厚生労働省は今月末から予定していた約8千万枚の配布を断念し、今後施設のニーズを改めて調査することがわかった。30日に開かれた野党合同ヒアリングで厚労省の担当者が説明した。

 政府のマスク配布計画のうち、全戸向けは6月20日までに約1億3千万枚を配布して完了。それとは別に介護施設や保育所、幼稚園の職員などに向けた配布が3月下旬から続き、これまでに約6千枚が配られた。さらに今月末から約8千万枚を配布する予定だった。

 しかし、すでに市中のマスク不足が解消されている6月下旬、新たに約5800万枚を契約していたことに批判が集中。介護施設などからも「必要ない」などと不満の声が相次いだことを受け、野党議員が28、29日に開かれた野党合同ヒアリングで追及していた。

(朝日新聞デジタル 2020年07月30日 14時17分)

関連ニュース