NEWS
2018年08月16日 12時18分 JST | 更新 2018年08月16日 12時39分 JST

映画『マスカレード・ホテル』、木村拓哉がホテルマンに。最新映像が解禁

木村拓哉と長澤まさみが出演。

Ⓒ2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 Ⓒ東野圭吾/集英社
マスカレード・ホテル

木村拓哉のホテルマン姿初公開 映画『マスカレード・ホテル』最新映像が解禁

俳優の木村拓哉が主演し、東野圭吾氏の小説を実写化した映画『マスカレード・ホテル』(鈴木雅之監督 2019年1月18日公開)の最新映像、ティザービジュアルが16日、解禁された。

原作は、シリーズ累計275万部を突破した東野作品の中でも人気の高い『マスカレード』シリーズ第1作。作品の舞台となるのは、都内の高級ホテル・コルテシア東京で、予告連続殺人の潜入捜査のためホテルマンに扮し、次々と現れる素性の知れない宿泊客の"仮面(=マスカレード)"を剥がそうとする警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村)と、その"仮面"を守ろうとするホテルマン・山岸尚美(長澤まさみ)の水と油の異色のバディが、屈指の難事件に挑む。

映像では、潜入捜査先のホテルマンとして怪しげに周囲を見渡す新田、そしてパニックに陥る高級ホテルのロビーや、難事件を予感させる謎の数字の羅列などが映し出され、大人気ミステリーの実写映画がついにベールを脱ぐ。

今回、木村のホテルマン姿を初公開。解禁された映像には、潜入捜査先のホテルマンとして怪しげに周囲を見渡す新田の姿、そしてパニックに陥る高級ホテルのロビーや、難事件を予感させる謎の数字の羅列などが映し出されている。