「控えめに言って格好よすぎ」松重豊さん、ヨウジヤマモトのモデルを務めて大反響【画像・動画】

全身ダークカラーのコーディネート。ロングコートの裏には「老虎残夢」というメッセージが白のステッチで描かれていました。

TVドラマ「孤独のグルメ」で知られる俳優の松重豊さんが、ファッションブランド「ヨウジヤマモト」のショーでモデルを務めた。その姿が「控えめに言って格好良過ぎ」とSNS上で反響を呼んでいる。

黒のロングコートに黒いシャツと、全身がダークカラーのコーディネート。コートの裏には「老虎残夢」というメッセージが白のステッチで描かれている。松重さんが厳しい表情で遠くを見つめている。

この姿に、SNS上では「ビジュアル完成度が半端ない」「渋い!」「イケオジすぎる」などと称賛の声が相次いでいる。

■今季は「18世紀のシャツ」を着想源。モデルとして5人の俳優が参加

松重さんがモデルとして参加したのは、デザイナーの山本耀司さんが手がける男性向けブランド「ヨウジヤマモト プールオム」の2022-23年秋冬コレクションのショーだった。

ヨウジヤマモト青山店で1月20日に開かれたこのショーには、松重さんの他にも伊原剛志さん、仲村トオルさん、加藤雅也さん、三原康可さんの4人の俳優がモデルとして起用された

FASHION PRESSによると、『ヨウジヤマモト』は黒を基調としたデザインで知られており、身体にまとった時の独特の分量感、複雑なパターンメイキングといったコアの部分は毎シーズン共通しているという。今季は「18世紀のシャツ」を着想源としており、全体的にクラシカルな印象と報じている

■話題となった「ヨウジヤマモト プールオム」のショーの動画(松重豊さんの出番は16分25秒ごろから)

Popular in the Community