はじめてのSDGS
2019年06月05日 16時40分 JST | 更新 2019年06月05日 17時45分 JST

メルカリが、繰り返し使えるエコパックを開発。試験的に5000個を配布へ。そこに込められた思いとは?

メルカリ利用者の8割が、梱包材に「もったいない」の意識を持っていたそうです。

mercari
メルカリのエコパック

世界環境デーの6月5日、「環境に嬉しい」発表が届いた。

フリマアプリの「メルカリ」が、利用者が商品配送の為に繰り返し使える梱包材「メルカリエコパック」の提供を開始したのだ。

 

繰り返し使える「メルカリエコパック」

エコパックは繰り返し使用ができるように、テントなどで使用するターポリン素材が使われており、数百回まで利用できるという。密封性の高いファスナーがついており、生活防水仕様。現時点では、パックはA4サイズ、厚さ3cm以内に対応できる大きさのみの展開だ。

入手方法は、メルカリストアで商品を購入した顧客の中からの抽選や、ゴミ拾い活動などでの配布が主になる。本日6月5日から、試験的に5000個を配布し、利用状況や顧客の反応を見ながら今後の展開を検討するという。

残念ながら、エコパックで商品を発送した主の手元に、パックが返却される仕組みは整っていない。その為、パックを受け取った利用者がその後、出品し発送する際に利用する事が期待される。

 

利用者の8割が梱包材を「もったいない」

メルカリは「誰かにとって価値がなくなったモノが、他の必要な誰かに届けられる社会を実現した」と記した上で「梱包材もメルカリで取引される商品同様、何度もリユースしたいという想いから」今回の開発に繋がったという。

人気のあるサービスへと成長したと共に、悩まされたのが梱包材の増加。実際、今年2019年5月にメルカリが行なったインターネット調査によると、利用者の8割が梱包材を「もったいない」と感じているようだ。

今回のエコパックは、その解決策の1つとして開発された。今後はダンボールなどのあらゆる梱包材もリユースする仕組みを作っていきたいという。