WORLD
2021年05月13日 11時10分 JST

マイケル・ジョーダンさん、コービー・ブライアントさんとの最後のやりとりを明かす。「性格よく表している」

2019年12月のやりとりを、ジョーダン氏は今でも消去せずに残しています

Getty Images
(左から)マイケル・ジョーダン氏とコービー・ブライアント氏

2020年1月、娘のジジ(ジアーナ)さんと他の7人とともにヘリコプター事故で亡くなった、元プロバスケットボール選手のコービー・ブライアント氏。

そのブライアント氏を「弟のような存在だった」と語っていたNBAレジェンドのマイケル・ジョーダン氏が、ブライアント氏のバスケットボール殿堂入りを前に、ふたりが最後にやりとりしたテキストメッセージをESPNのインタビューで明かした。

最後のやりとりは2019年12月。

その中でブライアント氏は、ジョーダン氏がプロデュースに携わったシンコロ・テキーラを褒め、ふたりはお互いの家族についてメッセージを交わした。

そして最後に触れたのは、やはりバスケットボールの話題だった。

(ESPNからの抜粋)

「彼は、夢中になってジジのコーチをしていました。だから私はこう送ったんです」とマイケル・ジョーダンは説明した。

「良い休日を」「近いうちに会おう。コービーコーチ??!」

「それに泣き笑いの絵文字をつけました」とジョーダン氏は笑みを浮かべて語った。

このメッセージに、コービー氏は「そちらこそ」と返信してきたという。

「ちなみにコーチ、今ベンチに座っているんだけど、こちらは45-8で圧勝しているよ」

ジョーダン氏はこのやりとりを、今でも消去せずに残しているという。

「このやりとりが本当に好きなんです。コービーの負けず嫌いの性格をよく表しているから」とジョーダン氏はESPNに語った。

MediaNews Group/Pasadena Star-News via Getty Images via Getty Images
現役時代のコービー・ブライアント氏とマイケル・ジョーダン氏
Vince Bucci via Getty Images
ジョーダン氏はシカゴ・ブルズ、ブライアント氏はロサンゼルス・レイカーズに所属していた

ヘリコプター事故が起きた時、ブライアント氏は13歳だった娘のジジさんの試合に向かう途中だった。

同氏は5月16日に、バスケットボール殿堂入りする。式典ではジョーダン氏がブライアント氏のプレゼンターを務めることになっている。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。