アートとカルチャー
2020年09月05日 11時20分 JST

“史上最悪の猟奇殺人” 水野美紀さんが愛犬家連続殺人事件の実録ドラマに主演

1993年に埼玉県で愛犬家ら4人が相次ぎ失踪。被害者の遺体を解体・遺棄し証拠を隠滅したというその残忍な手口から、日本中をしんかんさせた。

フジテレビ 公式サイトから
水野美紀

水野美紀 “日本の犯罪史上最悪”猟奇殺人事件の実録ドラマに主演

 女優の水野美紀が、10月4日に放送されるフジテレビ系『実録ドラマ 3つの取調室 ~埼玉愛犬家連続殺人事件~』(後8:00)のドラマパートに主演することが、わかった。日本の犯罪史上最悪とも言われる猟奇殺人事件。犯人逮捕から25年の節目を迎え、このたび、関係者への取材・証言などをもとに多くの謎が残るこの事件の全貌をドラマ化。『奪い愛、冬』、『M 愛すべき人がいて』(ともにテレビ朝日)などドラマでの“怪演”がたびたび話題を呼ぶ水野が、真相を追う続ける刑事・藤波詩織役を演じる。

【写真】その他の写真を見る


 1993年に埼玉県で愛犬家ら4人が相次ぎ失踪、2年後にペットショップを経営する男女が逮捕された。逮捕されたのは関根元(げん)元死刑囚と風間博子死刑囚。「ボディーを透明にする」として被害者の遺体を解体・遺棄し証拠を隠滅したというその残忍な手口から、日本中をしんかんさせた『埼玉愛犬家連続殺人事件』だ。この事件で逮捕された2人は、2009年に死刑判決が確定。しかし、証言の食い違いなどいまだ事件の全貌が解明されないままになっている―。

 これまで刑事ドラマにも多数出演してきた水野だが「いろいろなドラマで刑事役をやらせていただきましたが、今回は半分ドキュメントなので、ストイックに事件を追うリアルな刑事。その大変さと特殊さを改めて肌で感じています」と“実録ドラマ”ならではの苦労も感じているよう。

 ドラマの主人公となる藤波詩織は埼玉県警熊谷中央警察署刑事課の刑事。1984年に刑事課に異動して初めて担当したのが、関根元の関与が疑われている連続失踪事件だった。そして1993年、「埼玉愛犬家連続殺人事件」の捜査を担当することになり、再び関根やその元妻・風間博子と向き合うことになる。

 その上で、「今回はストーリーテラー的な役割で、私の演じる刑事の目を通して事件を追っていく感じです。『私が何を感じているか』が見てくださるみなさまが事件をつかむ手がかりになります」と話す。

 題材となった事件については「長いスパンでの捜査なので、真実がどんどんゆがんでいるような…。とにかく想像を絶する、想像の及ばないおぞましい事件です」とし、「巻き込まれたのがもし自分だったら…と様々な関係人物に自分を重ねてみた時、取り込まれずに正気を保っていられる確信を持てるでしょうか…?」と投げかけている。

【関連記事】

高畑充希、1月連ドラで刑事に初挑戦 西島秀俊ら“おじさま”俳優に振り回される!?
上川隆也、痴漢えん罪対策の“最前線”に驚き「そこまでしなければ…」
水野美紀、ドラマ『M』“スパルタ鬼講師”役作りの裏側を明かす