WORLD
2020年06月05日 17時20分 JST | 更新 2020年06月05日 20時04分 JST

大坂なおみさん、「スポーツに政治を持ち込むな」ツイートに痛快な反論 『これは人権の問題です』

人種差別に抗議する発信を積極的に続ける大坂なおみさん。痛快な反論に、賛同の声が寄せられています。

Pablo Morano/MB Media via Getty Images
大坂なおみさん

黒人男性のジョージ・フロイドさんが死亡した事件を受け、テニス選手の大坂なおみさんがTwitterなどで人種差別に抗議する発信を続けている。芸能人やアスリートの政治的な発言には批判が起きることもあるが、大坂さんは「アスリートは政治に関与してはいけないと言われることが嫌いです。これは人権の問題です」とツイートし、反響を呼んでいる。

 

「スポーツに政治を持ち込むな」ツイートに反論

ハイチ系アメリカ人の父親と日本人の母親を持つ大坂なおみさんは、現在アメリカを拠点に活躍中だ。事件以降、自身のTwitterで「Black Lives Matter」の抗議デモに関するニュースを積極的にシェアし、抗議者への賛同を示している。

6月4日には、大阪で行われる予定の人種差別反対デモのツイートを引用リツイートした。

すると、Twitterユーザーが「スポーツと政治は混同させるべきではない」と返信。政治的な発言への拒否反応を示した。

大坂さんはこの返信を引用リツイートし、「その魚があなたを食べてしまえばいいのに」と反論。書き込みをしたユーザーのアイコンに大きな魚のオブジェが写っていたことから、皮肉を込めたと見られる。

つづけてツイートで、「アスリートは政治に関与してはいけない、ただ人を楽しませるべきだと言われることが嫌いです」と表明し、「これは人権の問題です。なぜ私よりもあなたの方がこの問題について『話す権利』があると言えるのでしょうか?」と問いかけた。

「アスリートは政治に関与してはいけない、ただ人を楽しませるべきだと言われることが嫌いです。第一に、これは人権の問題です。第二に、なぜ私よりもあなたの方がこの問題について『話す権利』があると言えるのでしょうか?その論理だと、例えばIKEAで働いていたら、IKEAの “グローンリード”(ソファのシリーズ)のことしか話せなくなりますよ」

ツイートは1万回以上リツイートされ、「その通りだと思う」「天気やランチの話をするように、人権について話すべき」など、大坂さんに賛同するコメントが寄せられている。

 

「あなたの人生に起きていないから、それが起きていない、ということにはならない」

大坂さんは一連の事態を受け、「沈黙が『裏切り』になる時がくる」とのキング牧師による演説の一節を引用したツイートをシェアするなど、抗議への参加を呼びかけている。(キング牧師は、「最大の悲劇は悪人の抑圧や残酷さではなく、善人の沈黙である」という言葉も残している。)

その後も「あなたの人生に起こっていないからといって、それが起きていない、ということにはなりません」などと危機感を訴えており、ブラック・コミュニティへの連帯を示すための運動「#BlackOutTuesday」にも参加した。

「あなたの人生に起こっていないからといって、それが起きていない、ということにはなりません」

「略奪についてはツイートするのに、武装していなかった黒人男性の死についてはツイートしないなんて🤡🤡🤡🤡」

《「#BlackOutTuesday」が実施された6月2日には、フォローすべきTwitterのアカウントや、Black Lives Matterの抗議運動に関する署名サイトなどを並べた画像を投稿した。》