LIFE

子どもでも、プライベートゾーンは自分で洗う。 私が実践する「こどもへの性教育」

私は子どもが0歳の時から、性教育をはじめています。
ムスコくんの1歳の誕生日
ムスコくんの1歳の誕生日

性教育と聞くと、恥ずかしい、どうやっていいかわからない、わが子には早い、と思うことがありますよね。でも、性教育が趣味の私は、子どもが0歳の時から、はじめています。性教育というと、セックスを教えること、と思ってしまうことがあるかもしれませんが、そうではないのです。自分を大事にして、相手も大事にすること。そしてパートナーシップを学んで、自分らしく生きることを伝えることです。

プライベートゾーンは「自分で」洗わせる

まずは体をキレイにして、大事にしようね、ということから始めます。

息子が8か月の時に、おちんちん講座を受けたので、ペニスの皮をむいて洗うことを始めました。「大事なからだだね。きれいきれいしようね」と声を掛けながら洗うだけ。2歳くらいなったら、自分でも洗えるようになります。プライベートゾーンなので、たとえ小さい子であっても、なるべく自分で洗うことをうながします。(包皮は剥いた方がいい、剥かなくてもいい、といろいろな考えがあります。自分がいいと思ったことを選ぶといいでしょう。大切なのは体をきれいに洗う、ということです)

「あそこ」「おまた」と呼ぶのではなく、「ペニス」「クリトリス」「ワギナ」という正式な名前も覚えます。お風呂に入りながら「頭をさわって!」「おなかをさわって」「ワギナをさわって」というふうに、楽しく覚えます。大事な場所だね、プライベートゾーンだね、というふうに、説明を付け加えることもあります。

おなかをさわったときは「おなかいっぱい、ぽこぽこだね、何が入っているのかな?今日は何食べた?」、ワギナのときは「プライベートゾーン、あかちゃんがうまれるところだね」と子どもとのおしゃべりを楽しむようにしています。

私は帝王切開で出産したので、「あなたたちはワギナはとおらずに、おなかを切って生まれてきたんだよ」と付け加えます。すると「7匹の子やぎと同じだね」と子どもに言われました。

「やめて」と言う練習を何回もする。

性教育で大事なことの一つが、「やめて!」を言うことを教えることです。3歳の娘は、おじいちゃんと一緒にお風呂に入った時、おじいちゃんが体を洗ってあげようとしたときに「プライベートゾーンだからやめて!」と言いました。性被害に遭うのは、知らない人からよりも、普段から知っている家族や近所の人、先生から遭うことが多いのです。性被害に遭わないために、知らない人についていかない、と伝えるだけでなく、「知っている人でも、嫌なことをされたら断る」というのが大事です。「やめて!」を言う練習を何回もしています。また嫌なことをされたとき、信頼している大人に話すことも大事だし、逃げることもカッコいいと話します。

子ども二人と私の三人、同じ大きさ。というよりもすでに子どもの方が大きいです。
子ども二人と私の三人、同じ大きさ。というよりもすでに子どもの方が大きいです。

大事なのは、「オープン」に話すことではない

常々思っているのは、性教育は、オープンに話すことが必要なわけではない、ということ。その逆で、本当はとてもプライベートなことなので、信頼関係があるからこそできる話なんだよと伝えます。自分の子どもであっても、相手のプライベートゾーンにさわったり、パンツを下げて遊ぶのは許されません。また子どもの誕生の話をするとき、「セックスをして受精した」、「セックスをしたからあなたは生まれてきた」というのは伝えますが、「パパとママはいつセックスするの?」「どこでやるの?」と聞かれても、それはママとパパのプライベートな話なので、伝えられないよ、と私は話します。親自身がプライベートを大切にしていることを伝えることで、将来、子どもがいいパートナーシップを築くことに繋がるでしょう。

家族それぞれ、話し合いながら、自分のことは自分で決める。自分らしく生きていきたいね。
家族それぞれ、話し合いながら、自分のことは自分で決める。自分らしく生きていきたいね。

自分の経験で、子どもの未来を狭めないで

もしパートナーがいるのなら、その人も一緒に、性教育を伝えられるといいですね。でも「自分が小さい時は教わらなかったけど、大丈夫だったよ。自然と分かるようになるよ」というパートナーもいるでしょう。我が家でも、夫が息子とお風呂に入るときに、私が「皮をむいて、ペニスをきちんと洗ってね」とお願いした時、夫は「僕が小さい時はしなかったから大丈夫だよ」と言いました。

自分の経験の物差しは大事です。でも子どもは、自分と全く違う人間で、生きていく環境も、時代も違います。自分の経験だけを考えていたら、未来の可能性を狭めるし、より生きづらくなってしまうかもしれません。子どもには自分らしく生きられるように、性教育を通して、いろいろな選択肢を与えたいのです。大人も一緒に試行錯誤しながら、そして大人であっても自分らしい生き方を見つけるために、性教育を学んでいきましょう。

オススメの性教育の本

5歳ごろから子どもと一緒に読むのがオススメ。

体をキレイにすること、一人一人すきなことがちがってもいいこと、など絵本で分かりやすいです。

小学校高学年ころから。男女のそれぞれの体と心の成長を、マンガで読みやすく伝えてくれます。好きな気持ちや、変化する体について不安が出てくるこの時期、おすすめです。

子どもに性教育を始めたいけど、どうしたらいいかわからない。まずは大人が学ぼうって人におすすめ。イラストもオシャレで手に取りやすい一冊です。

(文:伊是名夏子/編集:南 麻理江)

アクロストン『3~9歳ではじめる アクロストン式 あかちゃんってどうやってできるの? 今子どもに伝えたい性のQ&A』(主婦の友社
アクロストン『3~9歳ではじめる アクロストン式 あかちゃんってどうやってできるの? 今子どもに伝えたい性のQ&A』(主婦の友社

伊是名夏子さんの『ママは身長100cm』は全国の書店、オンライン書店から好評発売中。本の中には、子育て中のママパパにお役立ちのヒントもたくさん詰まっています。

伊是名 夏子『ママは身長100cm 』(ハフポストブックス)
伊是名 夏子『ママは身長100cm 』(ハフポストブックス)