WORLD
2021年12月09日 12時02分 JST | 更新 2021年12月10日 09時16分 JST

14歳以下は一生タバコが買えないように。ニュージーランドで新法案「タバコフリーの未来を作る」

タバコを吸うことが認められる年齢が毎年上がっていくことで、タバコフリーの世代を作っていくといいます

今14歳以下の人たちは、一生タバコを買えません ―― タバコフリー社会を実現するために、ニュージーランド政府が思い切った政策を打ち出した。

副保健相のアイシャ・ヴァーラル氏は12月9日、現在14歳以下の人たちが、生涯タバコの購入を禁止する法律を導入すると発表した

これは新たなタバコフリー計画の一環で、法的にタバコを吸うことが認められる年齢が毎年上がっていくことで、タバコフリーの世代を作っていく。

アイシャ・ヴァーラル氏のツイート:ニュージーランドは、タバコフリーの未来を作るための歴史的な一歩を踏み出しました。「タバコフリー2025行動計画」の思い切った政策には、未来の世代へのタバコ販売を禁止することも含まれます。

計画には、タバコのニコチン量を大幅に減らすことや、タバコ販売店の削減、魅力的に見えないようにするためのデザインの制限や、依存症から抜け出すための支援なども含まれる。ベイプ(電子タバコ)の販売は制限しないという。

Wayne Wilson via Getty Images
禁煙するニュージーランドの10代女性

ヴァーラル氏によると、ニュージーランドでは喫煙率は減っているが、特に、マオリや太平洋諸島の住民の喫煙率は高いという。 

 「ニュージーランドで、喫煙は予防可能な死の主な原因の一つで、がんの4分の1の原因になっています。タバコに関連した危険は特に、マオリや太平洋諸国、収入が低いコミュニティで広く見られます」 

「喫煙率は減っていますが、目標に早く到達するために、さらにやらなければいけないことがあります」とヴァーラル氏は述べ、政策の必要性を説明した。

さらに、タバコの税率引き上げによる禁煙政策は一定の効果があったものの、限界があるとも強調。

これ以上の税率引き上げは、タバコを止めようと苦しむ人たちをさらに罰するだけであり、タバコフリー世代を作る新たな政策を導入すると述べた。

「若い人々がタバコを吸い始めないようにするために、新しい世代にはタバコを売ったり提供しないことにします。法律が施行されれば、14歳の人々は、法的に購入できなくなります」

新しい販売基準に小売店が対応するために、法律は一定の時間を置いてから施行される予定だという。